スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あにょはせよ 1日目

日本に帰って早くも10日が経過しました。

成田に一泊した翌日名古屋に帰り、次の日には早速美容院に行き、カナダのもっさりしたカット、Kevinに染めてもらったまだらなカラーから日本の女の子らしい髪型に変えてもらいました。

そして帰国1番の目的である歯医者へ行ったり、運転免許の書き換えに行ったり、友人に会ったりと、毎日ちょこちょこ動き回っています。



さて、先週末から昨日にかけて、日本ではゴールデンウィークに続く大型連休、その名も、シルバーウィークでした。


まぁ毎日が日曜日の私には関係ないな~と思っていたら、なんと友人たちから韓国へ行かないかとのお誘いが。しかも出発3日前に。



もちろん行きますとも!!と即答したはいいけれど、世間がシルバーウィークで数ヶ月も前から海外旅行計画を立てている中、こんな飛び入りで果たして航空券やホテルが取れるのだろうか・・・。

なんて出発前日まで不安でしたが、さすがです。

あっさりホテルと航空券を押さえてくれ、日曜日から火曜日まで2泊3日の韓国旅行決行へとなりました。


その朝は、前日に大学時代の友人たちとスペイン料理でシャンパン・ワインを煽り、イケメン揃いのパブへハシゴした挙句、シメはクラブで音楽そっちのけでまだ飲み続けるという現役時代さながらのアルコール摂取量により、カナダで鈍った肝臓が悲鳴を上げ、朝から水を飲むのも苦しい2日酔いの中、半泣きで空港へと向かいました。


いつもならコリアンエアー機内での「オノミモノハイカガデスカ~?」には迷わず「ビール、チュセヨ!!」ですが、さすがに今回は、「あ、コーラで。それとあったかいお茶も。」でした。


機内食はお寿司。友人に「カナダの寿司とどっちが美味しい?」と聞かれましたが、うーん、コリアンやチャイニーズ経営のジャパレスと良い勝負。
DSC05105.jpg
パソコンをネットブックに変えたら、何度試しても写真の縮小がうまく出来なくなってしまったので、馬鹿でかい写真でドーン。


さて、機内が揺れる度に若干「う”っっ!!」となりながら、なんとか到着。

なんと今回で第11回目の韓国訪問です。

私のパスポートはハングル文字のスタンプだらけです。


今回泊まったホテルはインチョン空港のすぐ近くのHYATT。

ここに泊まるのは2年ぶり。良いホテルなのですが、ソウルまで遠いのが残念。
DSC05130.jpg



夜は早速焼肉を食べに。
DSC05106.jpg
このカナダでは滅多にお目にかかれないペラペラお肉から始まり、柔らかカルビ、ジューシーロースと、食べきれないほどお肉が続々やってきました。幸せ。



さて、実は今回の旅行にはこんなちびっ子たちも一緒だったのです。
DSC05116.jpg
私と友人になぜかものすごく懐いてくれ、旅行中終始べったりくっついてきてくれるちびっ子たちに私たちもうメロメロ。

夜も「お姉ちゃんたちと寝る~」とパジャマを持って私たちの部屋にやってきて、ベッド2つをくっつけ4人で仲良く眠りました。

ちなみに上の写真はYou Tubeでしんちゃんを見ているところ。作者さん、残念でしたね。。。


ちびっ子たちが先に眠った後、私たちはマッサージへと向かいました。



小学生のころから「うちのおばあちゃんより硬い~」と言われ続けた根っからのコリ性の私。


カナダでさらに化石のようにカチカチになった全身を、隈なくほぐしてもらいました。


そして1日目は終了。2日目へと続きます~。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ブログランキングに参加しています。最後に上のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

スポンサーサイト

あにょはせよ 2日目

マッサージを終えホテルに戻ったのが夜中の1時過ぎ。

夜に散々お肉を食べまくったにも関わらず、マッサージで代謝が良くなったのか小腹が空いてきたのでホテルにあるカジノの食堂へ。

こんなチビくらげの水槽があります。残念ながらニセモノですが。。。
DSC05134.jpg


ここではタダで飲み食いできてしまうのでいつも欲張ってたくさん注文してしまうのですが、時間も時間なので軽いものをとアワビ粥をオーダー。

が、きれいに間食したのにまだ食べたりず、結局こんなことに。
DSC05136.jpg
すっかり2日酔いから回復したので懲りずにビールも。
数時間前まではもう一生お酒は飲まないと心に誓っていたのに。

満腹になったところで、ちびっ子達が眠る部屋へと戻ります。



そして次の日。

ちびっ子2人とそのママSさん、友人S、私で、ホテルに用意してもらった車でソウルまでお買い物へ。

元モデルのSさんは、顔が綺麗なのは勿論のこと、2人の子持ちとは思えないほどのナイスバディ。
あんなにスキニーデニムが似合う2児の母、初めて見ました。

インチョンのHYATTからソウルへは車で1時間ほどかかります。

車内でちびっ子たちがゴネる度に「おもちゃ買ってあげるから」の一言で黙らせ、なんとかソウル入り。


まずは免税を覗き、その後は東大門へ。ここにはたくさんのショッピングビルがあるのですが‥。

なんと、この日は月曜日でお休み!!!


東大門でおもちゃを買ってもらう約束だったちびっ子たちは怒り爆発。笑

雨は降っているし、おもちゃはないし、このまま連れまわすのも可哀想‥。最終的に、疲れて車の中で眠ってしまったのでドライバーさんに頼んでちびっ子たちだけそのままホテルにいるパパたちの元へ送り返してもらいました。

さて、ちびっ子たちがいなくなって、それから女3人での買い物タイム。

まずはミョンドンへと向かいます。
DSC05141.jpg



やはりシルバーウィークだけあってそこら中日本人だらけ!!

呼び込みの店員さんも綺麗な日本語を話すので、ここが韓国だということを忘れそう。


さて、日本語が話せる店員さんに場所を聞いて向かった先は、いま流行のForever21。

別にカナダでも行けるしな~なんて思いながら中へ入ると、その品揃えにびっくり!!
ダウンタウンにあるXXIの4倍くらいの広さがあります。
そして日本人の多いこと多いこと!!お客さんの80%は日本人でした。ほんとに。

2時間以上たっぷりお買い物して外に出ると、そこにはカナダで見たことがないほどの豪雨!!

傘がない私たち、蛇口全開したシャワーみたいな雨の中をタクシーが拾える大通りまで走ります。


ようやく大通りまで辿り着いたはいいけどなかなかタクシーが捕まらず、疲れと寒さと空腹で途方に暮れかけていた頃、

「うーん。わたし、やっぱりドーナツ食べたいから、買ってくるっ!!」

と、最近オープンしたばかりだというドーナツ屋さんに向かって豪雨の中小走りで去っていったSさん。。。

素敵です。



その後、なんとかタクシーを捕まえ、ホテルに戻り、ホテル内のレストランにて食事を済ませた後は、相当疲れていたのかアカスリに行く予定を忘れてちびっ子と同じ時間に一緒に就寝。


そして次の日のお昼の便で名古屋へと戻りました。

カートで運ばれるちびっ子Rくん。
DSC05144.jpg

最後、帰り際にさよならの挨拶をすると、Rくんが「かえっちゃやだあ~~」と顔をくしゃくしゃにして言ってくれ、胸がきゅーんとなりました。

女の子の方はあっさり「うん、ばいばーい」でしたが。


そんな感じで2泊3日の韓国旅行は終了。


お天気と買い物とアカスリは残念でしたが、ちびっ子たちによって違う癒され方をした大満足な韓国旅行でした。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ブログランキングに参加しています。最後に上のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

カナダ最後にBanff Trip 1日目 前編

21日から24日まで3泊4日でバンフにカナダ最後の旅行へ行ってきました。


帰国前でちょっとばたばたしてますが、カナダでの思い出はカナダにいるうちに・・ということで残り3日でがんばってUPしていくので良かったら覗いていってください^^




バンフ旅行初日は朝5時に起き、チャイニーズが副業としてやっている個人タクシーにて空港へ。こんな朝っぱらからご苦労様でした。ちなみにお値段$40(早朝なので$5割り増し)。普通のタクシーより安いのかな?

前日(というか当日)は3時に寝たので、睡眠時間たったの2時間でKevinも私もふらふら。


そして7時のフライトでカルガリーへと出発です。

途中、飛行機から見た景色。この真っ白な絨毯みたいなのは雲でしょうか?それにしては平べったすぎるような・・?
DSC07815.jpg


カルガリー空港へ着いたらまずはレンタカーを借りに、色んな会社を比較した結果一番安かったDollar Rent Carへ。


しかし、カウンターに着くと受付のお姉さんに、「山を登るなら予約してたコンパクトカーじゃキツイからもっと上のランクにしなさい。山道では小石が跳ねて窓ガラスが傷つくことがよくあるから車両保険も入った方がいいわ。それと、二人とも運転するなら運転手追加料金も必要だから。」と言われ、予約時点では$140だったレンタカー代がどーんと$380に跳ね上がり!


うーん、これはいきなり予算オーバー・・。


一旦DollarRentを後にし他の会社に車両保険込みの見積りを出してもらいましたが、やっぱりDollarが一番安かったので戻って借りる手続きをしようとしたところ、ちょうど私たちの前にいた人に最後のコンパクトカーを取られてしまったので、追加料金なしで1ランク上の車を貸してもらえました。ラッキー♪



まだ走行距離が35000KmしかないピカピカのTOYOTAのCAMRYで、張り切ってまずはカルガリーのダウンタウンへ向かいます!
DSC07816.jpg

ここでの目的はお買い物。


カナダでは、国に払う税金GST5%と、各州ごとに払う税金PST(トロントは8%)の2種類の税金が掛かりますが、ここアルバータ州は石油資源が豊富でお金持ちなため、なんとPSTが掛かりません。

だから同じカナダなのに8%も安く買い物が出来ちゃうわけです。

しかし、張り切ってショッピングモールに繰り出していったはいいけれど、特にめぼしい物もなく結局KevinがCLUB MONACOでセールになってたニットを1着と、Kevinの友人へのおみやげを買って終わりました。

ちなみにCLUB MONACOはカレッジか大学の学生証を持っていけば商品が20%OFFになります。買い物をするときには学生の友達を連れて行くといいかも。


さてさてお昼も過ぎたころ、いよいよバンフへ向けて出発です。

ドライバーは私。寝不足でも買い物で不完全燃焼でも、こんな景色の中でのドライブは嫌でもテンション上がります。
DSC07986.jpg
目指すは遠くに見えるあのカナディアン・ロッキー・マウンテン!!

・・そういえば昔、日本からトロントに遊びに来た友人に「どっか行きたいとこある?」と尋ねたところ、「うーん、カナディアンロッキー。」との答えが返ってきたことがあります。



途中で見かけた気になるプレート「Dead Man's Flat(死んだ男の平地?)」
DSC08004.jpg
ちょっと勇気を出して寄り道してみればよかったと今になって後悔。



カルガリーからバンフまでは約130km。1時間ちょっとでバンフに到着です。

まず初めにBanff Adventures Unlimited というバンフの町中にあるエージェントで、SUMMER ACTIVITY PASSというHourse back rideとゴンドラ、温泉がセットになったお得なチケットを購入。

ゴンドラ$29、HourseBack Ride(1時間)$40、HOT SPRINGS$7で合計$76のところが$69なので微妙にお得。



誰の日頃の行いが悪いのか、なんと明日から2日間連続で雨の予報なので、今日晴れているうちに・・と早速4時からのHouse Ridingを予約。
DSC07821.jpg

House Ridingとは、馬に乗ってバンフの綺麗な景色をゆったり観て回るトレイルのことです。詳しいコース、お値段などはこちら



今回私を乗せて頑張ってくれたのはこちらのダルメシアン柄のお馬さん。
DSC07860.jpg
馬刺し好きの私、ちょっと罪悪感・・。




馬に乗るなんて子供の頃のポニー以来。でもいきなり練習もなしで馬に乗り込みすぐトレイルに出発。

もちろんカウボーイみたいなお兄さんが自分の馬で私たちの馬を誘導してはくれるけど、ちょっとどきどき。



出発してすぐKevinが馬から振り落とされるという事件がありましたが、怪我も無くなんとか持ち直し、その後はゆっくりのんびり美しい景色を眺めながらボウ川沿いを進んでいきます。
DSC07844.jpg


途中でElkにも遭遇!!
DSC07846.jpg
3~4頭いました。


約1時間のトレイルなんて短すぎるかなと思っていましたが、後半は馬にも慣れてきて段々揺れが心地よくなり眠たくなるので、私たちにはこれで十分だったかも。笑



お馬さんに別れを告げ、次に向かったのは車でさらに40分ほど西に進んだところにあるLake Luise。


ここは日光の加減で水がすごく綺麗に見えると聞いていたので、なんとかまだ日が高いうちになんとしても着きたかったのです。




しかしそこで想像もしていなかったショックな出来事が・・。





後半に続く。


ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

カナダ最後のBanff Trip 1日目後半

高速を法廷速度ぎりぎり(よりも少しオーバー)で飛ばして、Lake Louiseに到着!!

*ちなみにBanff-Lake Louise間にはHW1と1Aの2通りの道があります。1の方が早く着けますが、1A沿いには途中で寄り道できる綺麗な観光スポットがたくさん。時間がある方は是非1Aを通って行くことをおすすめします。


Lake Louiseとは湖から名前を取った小さな町?で、いくつかホテルやレストランもあります。



少しぐねぐねした山道を車で更に登っていくと、そこに堂々とそびえ立つのは有名なFairmont Chateu Lake Louise Hotel
DSC07866.jpg


そしてそして、このホテルの前にどどーんと広がるのが、エメラルド色した美しい湖"Lake Louise"!!!!!
DSC07862.jpg


・・・・・・・・・って、凍ってますけど!?


ここには本来、こんな綺麗な湖が広がってるはず・・。
CIMG2287_convert_20091006105306.jpg



なんと・・毎年5月末まではカナディアン・ロッキーにあるほとんどの湖はまだ凍ってるんだとか。

お天気情報にばかり気を取られ、こんな基本的なこと全く知らなかったなんて、なんて間抜けな私たち・・。



今回の旅の最大の目的は「綺麗な湖めぐり」だっただけに(それならもっと調べてこいって感じですが)、二人ともしょぼーんとテンションは下がり気味。


そんな状態の中、お互い口数少なめで今日の宿へと向かいます。

本当はせっかくの旅行だから多少無理してでもChateu Lake Louiseに泊まってみたいところ・・ですが、今回は日本での旅行が控えてるため我慢我慢。(まあ、結果的に泊まらなくて良かったね、となりましたが。笑)

そしてお値段重視で選んだのがこちらのホテル「Lake Louis inn」。

感想は・・まあ、値段に見合ったお部屋というところでしょうか。


寝不足と疲れで外に食事に行く気になれず、夜ごはんはホテル内にあるパブでチキンウィングとサンドイッチ、サラダをテイクアウトしてお部屋でビール飲みながらぐだぐだと過ごし、そのまま今日はおやすみなさい。
DSC07872.jpg



ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

カナダ最後のBanff Trip 2日目

2日目の朝。目覚めてカーテンの外を覗くと、どんより灰色の空に小雨がぱらぱら。

天気予報を見て予想はしていたけれど、やっぱり残念なお天気。

昨夜は綺麗に星が見えていたので、もしかしたら・・なんて淡い期待を抱いていたのですが、見事裏切られました。笑


でも何もしないのも勿体無いので、Banffに寄ったときに日本人経営のお土産屋さんが「Lake Louiseより綺麗だよ~」とおすすめしてくれたBow Lakeへ。

しかしここもやっぱり・・

DSC07894.jpg
凍ってます。


でもうっすら水色でこれはこれで綺麗なんですけどね。


さて、朝食を食べてこなかったので私もKevinもおなかペコペコ。しかしこの辺りにはレストランらしきものはなく、Lake Louiseまで戻ることに。


列車を改装してレストランにしたというStation&Restaurantに行ってみたくて、Black BerryのGPSに探し回ったのですが、なぜか見つけられず・・。

そこで、たまたま見つけたThe Mountain Restaurantへ。


私はMountain Burgerというアルバータビーフを使ったというハンバーガーをオーダー。
DSC07899.jpg
ハンバーグもジューシーだし、付け合わせのオニオンスープも美味しかった~。

KevinはBBQ Chicken Piza。
DSC07900.jpg
一見シンプルですが、チーズの下にごろごろチキンが隠れててボリューム満点。Kevinも半分でギブアップしてました。


その後、特に行くあてもなかったのでとりあえずBanffへ引き返し、ダウンタウンを散策。

友人曰く、「Banffは別名ジャパンフ」と言われているそうで、至るところで日本語の看板や日本人の店員さんを見かけました。

日本から来たツアーの団体客らしき姿もちらほら。



お土産屋さんが立ち並ぶ通りにあるGAPなどが入っている小さなモールの中に、なんとルイ・ヴィトンを発見!!
DSC07903.jpg
日本人の店員さん曰く、客層は日本人や中国人だけでなく、US$が強い時期はアメリカ人が結構買い物をしていくのだそうですが、CADが強いこの時期だからか?店内はがらーんとしてました。


その後、今夜のホテルへと向かいます。

この日はJuniper Hotelに宿泊です。

Banffにあるホテルのほとんどは町中に密集しており窓から見える景色は期待できません。しかし、フェアモント・バンフ・スプリングスホテル、リムロックホテル、そしてこのJusperホテルだけは町から外れたところに建っています。

はじめの2軒のホテルはBanffでは高級ホテル。スプリングスは1泊$350~、リムロックは1泊$250~ほどですが、その中でJusperは1泊$100ほどとお手軽料金。今回の節約旅行にはもってこい♪


しかも、最近改装をしたばかりだということで、ホテル内はきれいで全体的にモダンな感じ。
DSC07909.jpg


デザイナーゲストルーム。ちょっと狭いけどおしゃれ。
DSC07904.jpg



この石のタイルのモダンなバスルーム。
DSC07905.jpg
King St辺りの家具屋さんのモデルみたい。


しかし肝心の景色ですが・・ホテル予約の際に眺めを指定できるのですが、Mount NorquaiViewを指定したところ、なんとそっちはパーキングがあるホテルの裏側。”Mount”とあるからてっきり部屋から山が見えるのかと思ってた・・。

本当ならお部屋からこんな絶景が見えるはずでした。
DSC08125.jpg
今回の旅行は失敗続き・・はあ。



まあ気を取り直し、ディナーへと出かけます。

実は、Banff散策中にたまたま読んだフリーペーパーでMaple Leaf Glill&Loungeのプリフィクスコースが$25との広告を発見!

このレストラン、名前はベタですが普段はメインで$30前後のお値段と言うことなので、これはなかなかお得。

DSC07911.jpg

予約しておいたからか、ソファー席に通してくれました。
DSC08081.jpg

こちら前菜のロブスタービスク。
DSC08082.jpg
ダシは効いてるけど味は結構さっぱり。

AAアルバータビーフのステーキ、ロブスターバター乗せ
DSC08087.jpg
お肉がジューシーですっごく柔らかく、カナダに来て食べたステーキの中でベスト3に入る美味しさ!!

デザートはフォンダンショコラ。
DSC08092.jpg
ウェイトレスさんに「熱いから気をつけて!」と言われていたのに勢いよく口に入れたら火傷しそうになったけど、濃厚で美味しかった~。


ウェイトレスさんがすごくフレンドリーで、食事を待つ間ガイドブックを眺めて明日のプランを練っていたら、一緒になってガイドブック片手に色々なアドバイスをしてくれました。結局オーダーしてから料理が来るまで10分以上は話してたかも。笑


でもそのお陰で明日の行き先が決定!!本当はジャスパーの方まで行って湖めぐりをする予定だったのですが、どうせ凍ってるだろうということでどこに行くか困ってたので助かりました。


ということで、明日はYohoの方へ行ってきまーす!!



ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


カナダ最後のBanff Trip 3日目前半

カナダにいるうちに完成させると始めに宣言したBanff日記ですが、未完成のまま実はもう日本へ帰ってきてしまいました・・・Kevinも一緒です。

去年の一時帰国の際は、VISAの関係で1日しか日本に滞在できず成田から次の日に中国に帰っていったKevinですが、今回は事前に観光VISAを申請し、念願の名古屋行きを果たしました^^


これから2週間、Kevinに日本のあちこちを見せて周る為またしばらくはまたバタバタしますが、約2年に亘ってお送りしてきた気まぐれ更新「トロント日和」最後の締めとして引き続きBanff日記を更新していくので、良かったら最後までお付き合いください。



では3日目です。


この日も朝から雨の予報でしたが、なんと!!奇跡的にも空は快晴!!!!!

先に起きたKevinから窓の外に見える青空を見せられ嬉しさで一気に目が覚め、ベッドを飛び出し向かったのはホテルのジャグジー。
DSC08096.jpg
Banffにあるほとんどのホテルにジャグジーやプールが付いています。でも男女一緒に入るので水着は必須。

こんな絶景を眺めながらの入浴・・極楽。
DSC08125.jpg
この景色が部屋から見られなかったのは残念だけど、この時たっぷり堪能したからいいや。


部屋に戻って着替えを済ませ、今日は1A(Bow Valley Parkway)を通ってまずはLake Louiseに向かい、そこから更に西に行ったところにあるYohoへ向けて出発です。

1Aに入って少し行った左手にある、山々を背景にしたボウ・リバーを眺められるViewポイント。
DSC08131.jpg
おおお!!なんか写真が大きすぎた・・?でも綺麗なのでこのままで。笑


その後、更に1Aを進んでいき、Johnston Canyonへ。

スタート地点から1.1km行ったところにThe Lower Fallsが、そして2.7km行ったところにはThe Upper Fallsがあります。

私たちが目指すは近い方のThe Lower Falls。
DSC07929.jpg
こんな感じの崖に沿って造られた道を進んでいきます。

まだ所々雪や氷が残っているのに、私たちの前にいた女の子たちグループの足元はなんとビーサン!!・・案の定、途中でツルツル滑りまくってたけど。スニーカーで来た私たちも何度もツルっと滑って危なかった。笑


20分ほど歩くと滝に到着!!
DSC08147.jpg
ここはさすがに凍ってなかったので綺麗なエメラルドグリーンが見れました♪

岩壁に造られたトンネルを抜けるともっと近くで滝が見られます。
DSC07936.jpg
小さいけれどマイナスイオンたっぷり。

ここで引き返して車に戻り、再び1Aを進んでいきます。


途中で右手に現れる「キャッスルマウンテン」。
DSC07945.jpg
その名の通り、なんとなくお城っぽい?青空とのコントラストが綺麗。


更に進むとLake Louiseに到着。

もう一度湖を見に行ってみましたが・・
DSC07954.jpg
やっぱり凍ってますよね。


あっさりLake Louiseを後にし、Yoho目指して西の方へと進みます。

まず向かったのはエメラルド湖。

DSC07960.jpg
しつこいけど、やっぱりここも凍ってます。

本来なら名前の通りエメラルド色した景色が広がっていたのでしょうけれど・・残念。


しかしここの湖は所々解け始めてたので、また綺麗な姿に戻るのももうすぐかな。
DSC07964.jpg


このまま西へ進んでいくとゴルフ場などがあるらしいのですが、私たちはここで東へと引き返していきます。


そろそろおなかが空いてきたので、Fieldというロッジが集った小さな村へ。
DSC08198.jpg

小さなレストランを発見。お酒やちょっとした食べ物も売ってます。
DSC08195.jpg

黒板に書かれたメニューを見て注文。
DSC08191.jpg

ここでいきなりですが今回旅を共にしたCAMRY君のご紹介。
DSC08187.jpg

CAMRYの後ろに見える景色を眺めながら、(ちょっと寒かったので途中からダウンジャケットを着こんで)外のパティオでランチをいただきます。
DSC08188.jpg
私がオーダーしたBBQポークのサンドイッチが美味しかった~。(食べ物のみの写真は取り忘れました・・)

こんな静かで長閑なところで美しい景色を眺めながらのランチは本当に贅沢。



ちょっと長くなってきたので続きはまた後編で...




ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


カナダ最後のBanff Trip 3日目 後半

お久しさしぶりです。


ぱったり更新が止まってしまってました。。。

と言うのも、この1ヶ月、バンフ旅行から続いて・・

日本帰国→名古屋→南知多→奈良→大阪→神戸→有馬温泉→京都→東京→沖縄→上海→湖南省長沙市(Kevinの実家)

と、丸々1ヶ月ほとんど旅行していて、ゆっくりパソコンに向かう時間がありませんでした。



そしておとといやっと名古屋の実家に帰国し、落ち着いたのでブログを再開している次第です・・。


この1ヶ月の出来事をブログにするととんでもなく長くなるのでやめておきますが、バンフ旅行ブログは続きます。笑



では3日目後半です。


Fieldを後にし、ちょっと立ち寄ったのがこちら、VIA鉄道のトンネルが見えるスポット。
DSC08201.jpg
この、山の中にぽつーんと開いてる穴がトンネルです。

いまから100年以上も前にこんな山の中にトンネルを作ったなんてすごい。

ちなみに工事作業の労働者の給料は一日10時間で$2.5だったんだとか。当時のお金の価値はよくわからないけど・・。


その後バンフへの帰り道、こんな集団に遭遇。
DSC07972.jpg
草も何にも無さそうな道路の脇の砂を、みんなでわさわさとつっついてました。


山をバックにぱちり。
DSC07973.jpg


さてさて今日のホテルです。今回の旅行では一番の高級ホテルDelta Hotel Royal Banff Park
DSC07981.jpg

窓の外の景色は残念だったけど(お隣のおうち?の屋根とか・・)、お部屋は広くて綺麗です。
DSC07982.jpg


その後、バンフの町中にあったジャパレスで軽く食事を済ませ、向かったのはBanff Upper Hot Springs

パッケージにチケットが付いていたのですが、普通に行っても大人$7.3です。


日暮れ時で、山が赤く染まっていて綺麗でした。
DSC08257.jpg

しかしここ、温泉と言うか、熱いプールという感じ?思いっきり消毒の匂いが・・。笑


そして、20分ほど経った頃、修学旅行?の学生たちが大はしゃぎでわんさかとプールに入ってきたので、私たちは退散~。

帰りに上から撮った温泉の写真がこちら。高校生くらい?みんな若い~。
DSC08263.jpg
更衣室にもビキニに着替えた若くて可愛い女の子たちがたくさんで、ちょっとドキドキしました。笑



そうそう、温泉に向かう途中にエルクに遭遇。
DSC08248.jpg
後ろの看板に”ELK Lodge”とあったので、てっきり庭で放し飼いしてるのかと思った私。(ほら、奈良公園みたいに・・)

きっと人にも慣れてるだろうと思いっきり近づいていったら、通りすがりのおじさんに、

「おい君!近すぎる!!離れなさい!そいつは野生で危ないぞ!!!」と怒られ、慌てて逃げました。笑

おじさん曰く、野生のエルクは凶暴なので、バス3台分は離れないと襲って来るんだとか・・危なかった。


でも今日は2種類の野生動物に会えて満足。


明日はいよいよ最終日です。

ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ


カナダ最後のBanff Trip 最終日

さて、約1ヶ月かけてゆっくり書き綴ってきたバンフ日記ですが、ようやく最終日となりました。


この日はチェックアウトしてすぐにBanff Gondolaへ向かいます。
DSC08269.jpg


うーん、なんかお天気が微妙。
DSC08272.jpg


と思ったら頂上についた頃にはこんな状態に。
DSC08276.jpg
少しでも外に出るとすごい風と吹雪で息も出来ないほど。


軽食コーナーの店員の男の子にも「昨日はすごく綺麗だったのに今日は酷いね~残念だね」と言われちゃいました。。。
つくづくお天気に恵まれない旅行です。泣


写真も撮れないし、やることがないので軽食を食べ終えたらさっさとゴンドラで下山。
DSC08283.jpg
この時私たちの後ろに並んでた女性2人組は、なんとこの雪の中徒歩で山を登ってきたんだとか!!

そういえば登ってくるとき何人か山登りしてる人を見かけたなあ~・・すごい。

でもやっぱり下りはゴンドラなのね。



山の上だけじゃなく下でもこんな大雪でした。
DSC08287.jpg
上の写真と比較すると、まるで別の日みたい?たった1時間後なのですが・・。


飛行機の時間が近づいてきたので、雪の中カルガリー空港へと向かいます。

行きはトロントから直行便が取れたのですが、帰りはミネトバ経由・・。


トロントの空港に着いたのは夜11時半過ぎ。

そこから、こんな時間に友達に迎えに来てもらうのも悪いし、TAXはもったいない!ということで、なんとTTCで自宅まで帰ることに。


しかも、Kevinは8年、私は2年トロントに住んでいてその間何度も空港とうちを往復しているのに、二人揃って空港からTTCで帰るのは初体験。

バス3本と地下鉄を乗り継ぎ、なんと2時間かけて帰宅!!


カナダ生活最後の旅行は、ぐったりと幕を閉じました。


でも最後にカナディアン・ロッキーを見ることができて本当によかった!

もしもまたチャンスがあるなら今度は夏に行ってみたいな~。



ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
プロフィール

YK

Author:YK
そして2008年春からカナダ・トロントに住んでいます。
この街で体験したことを記録するための自己満的な日記です。笑

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。