スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Birthday Trip to モントリオール in Jun 17 真夜中

6月17日はKevinの誕生日。

そこで、「カメラ欲シイ~」「カッコイイスーツ買ッテ~」というKevinの言葉をさらっと聞き流し、
プレゼントとして、私が前から行きたかったモントリオールへ旅行することに。 

え、何か?笑 



と、その前に。

16日から17日に日付が変わった後、なんとお友達のKurtとMちゃんがサプライズでケーキを持ってお祝いに来てくれました。

ちなみにこのケーキは、KurtとMちゃんが往復2時間もかけてKurtお気に入りのワンダーランドの近くにあるベーカリーまで買いに行ってくれたんだとか。
resize0907.jpg
Kurtが前々から「トロントNo.1!!」と絶賛していただけあって、本当に美味しかった~。


明日に備えて今日は早く寝なければ…なんていうのはすっかり忘れ、みんなでシャンパン飲んでケーキ食べてゲームして、真夜中のBDパーティーです。


…と、楽しい時間はあっという間。気づけば時刻は3時過ぎ。

パーティーをお開きにし、ようやくベッドに入ったころには窓の外はすっかり明るく、小鳥のさわやかなさえずりが…。


「明日は6時に起きて、7時までには出発しよう」なんて計画していたのは、きっと気のせいですね。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
スポンサーサイト

Birthday Trip to モントリオール in Jun 17

さて、奇跡的になんとか8時半に起き、9時半にはうちを出発。

HW401をひたすら真っ直ぐ東に向かって車を走らせます。
resize1077.jpg


途中で3回休憩したけれど、2時半にはモントリオール入り。
VIA鉄道で行っても5時間かかるから、うちからUnion駅までの時間も入れると車の方が断然早い!
resize1079.jpg
モントリオールがあるケベック州ではフランス語が第一言語。モントリオールに入ると看板もラジオから聞こえてくる声も曲も全てがフランス語に変わり、同じカナダだけど旅行気分が高まります。笑


途中、渋滞に巻き込まれたり道に迷ったりもしたけれど、3時過ぎには無事にホテル到着。
resize0919.jpg



現在モントリオールではSweet deal summerという、連泊するとホテルが割引されたり観光地や買い物のクーポンが貰えたりするお得なキャンペーンをしていて、これは是非とも利用したいところ…だったのですが、ホテル探しを始めたのが1週間前だったせいで17日は良さげなホテルはどこも満室。泣


どうせ連泊してもお得にならないのだし、せっかくなら色んなホテルを体験してやる!ということで、今回は3泊とも全てホテルが違います。

一泊目のホテルはOld・MontrealにあるArbeuge Bonaparte

旅行計画の必需サイト、Trip Advisorでの評判も良く、ここに決定。


レストランの横にあるこじんまりしたロビーはちょっと微妙?だけど、お部屋は大きな窓が2つあって、明るくて広々していて気持ちいい。
resize0921.jpg
しかも、予約の時に「バースデーで」と伝えておいたので、ジャグジー付の部屋に変えてくれました。ラッキー。


チェックインを済ませた後は旧市街(Vieux-Montreal)をお散歩。
resize0926.jpg

ヨーロッパのような街並み。
resize0929.jpg

石畳の道の脇に停められたフェラーリに興奮する子供たち。
resize1108.jpg
道の反対側から「フェラーリドライバー」になれるトリック写真撮影中。笑


散歩から戻った後はお食事へ。

以前モントリオールに住んでいたこともあるグルメなブロガーひゅうさんがブログで紹介されていたのが偶然にも私たちのホテルの中のレストラン!

モントリオールのレストラン情報サイトRESTMONTREAL.CAでの評判も☆5つだったので、迷うことなくここに決定!

Kevinはアペタイザーにエスカルゴ、メインにアヒルのレバー。
resize0945.jpg

アヒルのレバー、初めて食べた~。フォアグラみたいな感じかと思ったけどもっと脂が少なくて結構クセが強い。豚のレバーに近いかも?
resize0948.jpg

私はお肉のテリーヌにTerapia(だったかな!?)という白身のお魚。
resize0942.jpg

コクのあるソースが淡白な白身に良く合って美味しい~。
resize0950.jpg


そして最後のデザートは…
resize0956.jpg
花火とともに登場!!ホテルの人がレストランにもバースデーのことを伝えてくれたみたいです。
ジャグジーに続き、なんて嬉しいサービス!


お腹も心も満たされた後は、再び旧市街をお散歩。
resize0963.jpg

建物がライトアップされていて、昼間とはまた違った顔が楽しめます。
resize0968.jpg

心地良い夜風に当たりながら綺麗な景色を見て歩く、贅沢なお散歩でした。
resize0971.jpg


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Birthday Trip to モントリオール in Jun 18

モントリオール2日目の今日は朝から雨。。。

天気予報をチェックして前からわかってはいたけどテンション↓↓↓

気を取り直し、昨日と同じレストランに朝食へ。

さっぱりしたフルーツサラダが初めに出て、そのあと私はスクランブルエッグ。
resize0983.jpg

Kevinはボリュームたっぷりのサンドイッチ。
resize0984.jpg


ホテルをチェックアウトした後も車はそのままホテルのパーキングに残し(ホテルの駐車場は夜7時までの打ち切り制で、3時チェックイン12時チェックアウトでも2日分の駐車場代$30が加算されます…)、雨の中、傘差しながら観光へ。


まずは有名なノートルダム寺院。
中に入ると壁一面に広がるステンドグラスに二人とも思わず「おおぉぉ~!!」。
resize0985.jpg
去年パリで見たノートルダム大聖堂と外観はそっくりでも、内装は全然違う。
ステンドグラスから漏れる青い光は、すごく神秘的だけど、ちょっとカナダの青空の色にも似ています。


その後、相変わらずの雨の中また旧市街をぶらぶら。

ギャラリーを覗いたり、色んなお店を見たり。そして最後にメープルシロップのお店でチョコレートを買ったあと、昨日散歩のときに見つけた可愛いレストランにランチを食べに。

…が、店に入ると「たった今ランチタイムが終了した」と。。。

がっかりしながら店を出るとすぐに客引きっぽいおじさんに声をかけられ、もう雨の中新しくお店を探しまわるのも億劫なのでそのままそのお店に入ることに。

その名も、
resize1009.jpg
いかにも観光客用!?

大きなパラソルがある中庭のパティオに通され、観光客らしく、モントリオール名物プティン(チキン入り)とスモークミートサンドイッチをオーダー。
resize1008.jpg
味は普通においしい。すごいボリュームで、2人でシェアしても食べきれなかった。。。


その後、2日目のホテルへ向かいます。

が、ここで自他ともに認める「トラブルメーカー」の私、またやらかします。


うちでメモしてきたアドレスをGPSに設定。
実は2日目はホテルではなくB&Bに泊まります。
いろいろ調べるうちに、モントリオールに行くならB&Bがお勧め!との情報をちらほら見かけ、是非泊まってみたかったのです。


GPSでナビされ到着したところは、一見普通のホテル?とりあえずチェックインにしロビーへ。

フロントのフレンドリーなおじさんに「今晩予約しているYKです」と伝えると、、
「え、今晩…??? あ~、ごめんこっちのミスだ~。OKOK、これ鍵ね~」と、一瞬顔が困惑していたけどすぐに笑顔に戻り、ルームキーを渡され部屋へ。

まったく、この時点でどうして気がつかないのでしょう…。


部屋に入ると…

ん?なんか普通のホテル?
こんな部屋だったかなあ~?


B&B初体験の私、ちょっとがっかり。まあ朝ごはん付くみたいだから、B&B(ベッド&ブレックファースト)には間違いないよな~と一人で納得。


ベッドでくつろぎながら、ワイヤレスが使えたのでメールのチェック。

Kevinに、ここっていくらの部屋だっけ~?と何気なく聞かれたので、B&Bから来た確認メールを開いてみる…と、


え、名前が違う…?
じゃあ今いるここは、一体どこ!!?



なんと、実は今いるホテルは、本来なら明日泊まるはずのホテル。。。。。。。。。。。。。



慌ててたったいま広げたばかりのスーツケースをもう一度まとめ、すぐにフロントへ。


恐る恐るおじさんに事情を話すと、

「だよね~!!おかしいと思ったんだよぉ~はっはっはっ!!OKOK~、SEE YOU TOMORROW~~~」と相変わらず笑顔でそう言ってくれたので、ひとまず良かった。。。


普段温厚なKevinは毎度毎度何かしらやらかす私の馬鹿さ加減にさすがにご立腹でしたが。



今回もネタの神様降臨です。


もうこういう星の下に生まれたと思って、開き直って楽しむしかないですね~。

実はこんな自分をちょっと気に入ってたりするB型です。笑


そして後半に続きます。




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Birthday Trip to モントリオール in Jun 18 後編

さて、改めてGPSを設定し直し、本来泊まるはずのB&B、BONS MATINSへと向かいます。

予約した時点ではラスト1部屋だったのですが、フロントへ行くとその後同じランクでもうすこし広い部屋が空いたのでそちらに変えてくれたとのこと。うれしい♪

エレベーターはないので3階のお部屋まで階段で上がります。
bb.jpg
天井がガラスの吹き抜けになってたり、陽気な絵が至る所に飾られていたり、外は相変わらずの雨でも気分が明るくなります。


こちらがお部屋。写真で見ると小さいけど、テーブルセット、クローゼット2つ、バスルームも付いてます。
resize1012.jpg


B&B初体験の私が言うのも何ですが、ここはかなりお勧め!!

スタッフはみんな親切でフレンドリーだし、お部屋は決して豪華ではないけど居心地良し。

クッキーなどのスナック、コーヒー&ティー、冷蔵庫の中のソフトドリンクはもちろん、10種類ほどあるポートワイン、全てがフリーで飲み放題。いろんなポートワイン飲み比べ出来て楽しかった~。

そして翌日の朝食がすごく良かった!



お部屋で少し休んだ後は、ダウンタウンへお買いもの。
フロントのお兄さんにお勧めのショッピングモールと行き方を教わり、サブウェイで行くことに。

駅はB&Bから徒歩1分くらい。ケベック州らしいさわやかな水色と白のサブウェイ。これと比べるとトロントのサブウェイって平凡だなぁ~。
resize1014.jpg

PEEL駅で降り、駅直結のモールへ。
お兄さんが「ここのモールはCOOLだぜ!」とお勧めしてくれただけあり、有名どころのショップが揃ってます。しかもセール真っ最中!

アジア人の多いトロントではなかなかお買い得品に巡り合えないCLUB MONACOも、ここモントリオールではばっちりサイズが揃っていてKevinは大興奮で試着しまくってました。

便乗して私もトップスとスカートをお買い上げしてもらい、どっちが誕生日なんだか。笑


その後ダウンタウンをちょっとぶらぶらして、たまたま通りかかったイタリアンレストランで適当に夕食を済ませたあと一旦B&Bへ。

それから向かったのは…、
resize1020.jpg
Casino de Montreal!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

お馬鹿なGPSに騙され、高速で降りるはずの出口を通過したり、進入禁止の橋に連れて行かれたり、本当なら10分くらいで着くところを1時間半もかかってやっと到着。


後から知ったのですが、カジノバスで行くと$10のクーポンが貰えたんだとか。こんなことならそれで行けば良かった~。
ちなみにSweet Sumeer dealでも$20のクーポンが貰えます。

このカジノはなんと政府の経営!うまい商売考えたな~~。笑


さて、ソウル、チェジュ、マカオ、そしてナイアガラと、これまで何度かカジノへ行ってきましたが、全く勝った試しがないギャンブル運のない私。


そんな私に、今回なんと、奇跡が起こります…。


カジノ開始して10分ほどで、
resize1024.jpg
出ましたっっっ!!!!! ”777”!!!!!!!!!!!!!
50¢しか賭けていなかったので買ったのは$125ですが、すごい嬉しい~~~~~!!!!!!!!

私はこのままもう帰って気分良く眠りたかったのですが、負け続けのKevinに付き合い結局カジノを後にしたのは2時半過ぎ。


帰ってシャワー浴びたは後すぐ爆睡。色んなことがあったけど、一日楽しかった~。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Birthday Trip to モントリオール in Jun 19

翌朝。寝不足気味でちょっとふらふらしながら朝食へ。

でも明るく可愛らしいダイニングに眠気も吹っ飛ぶ!!
resize1030.jpg

resize1035.jpg

クッキングからサーブまで、ちょっと怖そうなおばさんがたった一人で切り盛りしています。

まずは焼きたてのフレンチトースト。それに添えられた手作りのパッションフルーツクリームがまた美味しかった!!

ベーグルやバゲット、シリアルなどのバーのほかに、こんな風にキッシュやタルト、チーズやフルーツのバーもあります。
resize1033.jpg
これだけでもお腹いっぱい~。

黒板に書かれた5種類から中からメインを選びます。私はサーモン、Kevinはベーコンのエッグベネディクト。
resize1032.jpg
ソースがすごく美味しい~!こんなの自分で作れたらなあ~~。


ここのB&Bの朝食は噂どおりほんっとどれも美味しかった!これだけの為にまた泊まりたいくらい。笑
最後におばさんに「素晴らしい朝食をありがとう!どれも本当に美味しかったよ!」と素直な感想を伝えると、ずっと無愛想だったおばさんがにこっと笑ってくれて嬉しくなりました。

B&Bをチェックアウトした後は、楽しみにしていたMontreal Museumへ。

Jhon LennonとOno Yokoの「IMAGINE」展。なんと入場料無料。
resize1041.jpg


これははしごを登って虫眼鏡で天井に描かれた小さな文字「yes」を覗くアート。
resize1047.jpg
ジョンとヨーコさんが付き合うきっかけになったという作品です。

ヨーコさんの作品だけでなく、ジョン・レノンのギターなどファンにはたまらないお宝グッズも。
resize1051.jpg

アートや音楽を通して平和を呼びかけてきたジョン・レノンとヨーコ・オノ。
「WAR IS OVER IF YOU WANT IT」(戦争は終わる。もしあなたがそれを望めば)
war is over
Happy Christmas from Jhon & Yoko

本当にその通りで、平和な世界でぬくぬく育った私には正直、戦争って遠い昔の、もしくは遠い国での出来事、みたいな感覚があるのは否めません。
でも世界のどこかには今、現在、この瞬間もずっと戦争に怯え、1日でも早く終わることを願い続けている人もいるわけで、そのことを忘れないように。
そして一人、ニ人、百人、千人、一億、十憶、世界中の人みんなみんなが戦争が終わることを望み続ければ、きっとすぐにこの世から戦争なんて消えてなくなり、この歌みたいにみんなが幸せなクリスマスを送ることができるはず。

最後に、この展覧会の感想や自分の感じたことを自由に紙に書き木に吊るしていくコーナーがありました。
resize1146.jpg
Kevinのメッセージ。…字が汚すぎてほとんど読めませんが。笑


その後、昨日ショッピングしたSaint-Catherine辺りをぶらぶら。

ちょうどThe Monreal fashion&design Festivalをやってました。
resize1055.jpg
コンサートやショーなどもあったらしいのですが、この時はタイミング悪く何もやっておらず。。。
でも新製品のヨーグルトと最新のELLEをタダで貰えてラッキー☆

それから車を走らせ向かったのはSaint-Laurent通り。
お目当てはひゅうさんさんもブログで紹介されていた、スモークミートのお店です。

しかし、途中からSaint-Laurentが自動車進入禁止になり、歩行者天国のストリートに色んな出店が出ているフェスティバルが開催されてました。
resize1058.jpg

私たちも車を停めストリートをぶらぶら。

しばらく歩いて行くと、
resize1059.jpg
ありました、Schwartz!!

店内はキレイとは言えませんが、ここにはアンジーやセリーヌ・ディオンをはじめ、多くの有名人が訪れたんだとか。

早速、噂のスモークミートサンドをいただきます。
resize1062.jpg

これは確かにおいしい!!昨日旧市街で食べたスモークミートはちょっとパサパサしていて、塩気が強く、極端にいえばビーフジャーキーみたい?だったけど、これはもっとジューシーで柔らかく、香りも全く違う!

店員さんもイケメンでフレンドリーだし、満足満足♪


その後フェスティバルをいろいろ見て回り、帰りにスモークミートのお店の真正面にあるひゅうさんお勧めのジェラートも帰りにしっかり食べてきました。おいしかった~☆

それから有名なベーグル屋さん「RAIRMOUNT BAGLE」へ。
resize1065.jpg
色んなWEBサイトで「世界一美味しいベーグル」と絶賛されていたし、スモークミート屋さんのお兄さんも「あそこのベーグルは本当おいしい!!」と太鼓判。

店内はすごく狭いけど、奥でせっせと作業している人たちが見られます。

セサミとガーリックとオールトッピングを1/2ダースづつ買って、早速車でひとつ味見。
世界一かどうかはわかりませんが美味しいです!噛めば噛むほど甘くなっていくかんじで、普通のベーグルとはちょっと違います。

その後ガーリックとオールトッピングのベーグルにトッピングされたニンニクやオニオンの臭いで、スゴイことになってる車で向かった先は、昨日間違えてチェックインしてしまったホテル、Hotel Le St-Andre

フロントのおじさんに昨日のことを謝ると、「面白かったからいいよいいよ~ははは~!」と、今日も陽気に笑ってくれました。


お部屋はこんな感じです。resize1010.jpg
このホテルはお値段・駐車場無料・そして部屋でタバコが吸えるということでKevinが気に入り、決定。

オンタリオ州では法律で室内での喫煙は禁止されていますが、お隣のケベック州ではOKみたいです。しかもタバコの値段も$1安いみたいだし、喫煙者には良いですね~。

私的にはコンビニでお酒が買えるのが羨ましい。。。


さて、ホテルでちょっと休憩した後向かった先は…


またしてもCASINO。笑


Kevin、昨日のリベンジだっ、と張り切って行ったはいいけど、結局更に負けて帰ってきました。笑


カジノの帰り、小腹が空いたので何が食べて帰ることに。時刻はすでに3時を回っていましたが、こんな時間でも空いているレストランと言えば…
resize1066.jpg
チャイニーズです。

こんなに立派なもんがあるのに、ここのチャイナタウンはすごく小さい!!

でもちゃんと開いてるレストランはありました。そこはクラブ帰りの若者の行き付けなのか、3組くらいのクラブ帰りらしきグループがいてちょっと小汚い(失礼)店内もにぎやか。


なんかawayな私たちは、隅っこでワンタンメンすすってさっさと店を後にしました。



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

Birthday Trip to モントリオール in Jun 20

いよいよ最終日。

このホテルは部屋まで朝食を運んでくれるので楽らく。
いつも10時までにレストランに入らなければならないので辛かった。。。

resize1068.jpg
朝食って言ってもたったこれだけ。でも夜中にワンタンメン食べた後なのでこれでも十分すぎるくらい。

ちなみにこのパン・オ・ショコラがすっごくおいしかった。ちゃんと温めてあって中のチョコはとろとろ、まわりはさっくり。


ホテルを後にし向かったのは、今回Kevinがどうしても行きたいと言っていた…
resize1165.jpg
なぜかプラネタリウムです。


子供の頃チャイナで聖闘士星矢を観て以来、星や宇宙に興味を持ち始めたという意外にロマンティストなKevin。笑

大学では天体学の授業も取ってたんだとか。でもトロントにもチャイナの地元にもプラネタリウムがなく、今回モントリオールに来たら絶対行きたかったらしい。

しかし、これから始まる回はフランス語での上映で、英語は1時間半後とのこと。

それまで軽くゴハンでも食べようと、GPS曰く5分で着くというクレープ屋さんへ。
それがまたこのおバカGPS、またまた迷って結局店に着いたのは50分後…。10倍。

勿論中でゆっくり食べてる余裕なんかないので、TAKE OUT。
resize1071.jpg
お兄さんが一生懸命クレープ焼いてくれているところだけ写真に収めてきました。


さて、肝心のプラネタリウムですが、昔日本で行った時は星座の由来や神話の話などいろいろ興味深い話を聞けたので、今回もそういうのを期待していたのですが、「天体望遠鏡が出来るまで」の話が中心で結構退屈。

でもプラネタリウム初体験のKevinは喜んでいたのでよかったよかった。

その後買い残したお土産を買いにもう一度旧市街へ行き、さあ、これからまた5時間ドライブして帰ろう…と思った矢先。


「もうひとつやり残したことがある」というKevin。


まさか。。。。。。。


はい、また行ってきました、カジノ。

最後の最後にリベンジです。


6と8がチャイニーズにとってのラッキーナンバーなので、今回はわざわざP6の駐車場まで行き、68番に駐車してきて気合十分。

そして結果は、見事昨日の負け分を取り返してきました。さすがチャイニーズパワー。笑


そんな感じで気分良くモントリオール旅行は終了。


去年学校のアクティビティで行った時の何倍もこの街が好きになりました。出来ることなら夏の間だけこの街で暮らしてみたい~。


今回の旅行でも、誕生日にも関わらず私のわがままに根気強く付き合ってくれたKevinに感謝です。


謝謝!!



この長い長いモントリオール旅行記を読んでくださった方、ありがとうございます。
カナダブログのランキングに参加しているので、最後に下のバナーをクリックして頂けると幸いです。

にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

プロフィール

YK

Author:YK
そして2008年春からカナダ・トロントに住んでいます。
この街で体験したことを記録するための自己満的な日記です。笑

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。