スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Taste of little Italy

まとめて更新です。

まか

6月14日はLittle Italyというイタリアンタウンのお祭りでした。
とら
College stが歩行者天国になっていて、屋台や出店、コンサートで賑わっていました。

ぼぶ
gita-.jpg
さらにこの日はEUROカップも開催されていたので、レストランやパブではどこも大きなモニターでサッカー観戦。

私たちは、ちょっとモニターは見えづらかったけれど、天気もいいのでテラス席でランチ。
テラス

もちろんイタリアンです。

piza.jpg

ほんとはボロネーゼが食べたかったのに彼がオーダーを間違えアラビアータに。。。

ピーマンと間違え青唐辛子を思いっきりかじってしまい、しばらく目に涙溜めて苦しみました。。。



お祭りの後はNorth Torontoにある大きなシアターで、『カンフーパンダ』を観てきました。

映画

ぱんだ

あまり期待してなかったけれど、予想を裏切る面白さでした。

おすすめ!!
スポンサーサイト

farewell party

farewell partyとは、日本でいう送別会のようなものです。

ここトロントでは出会いと別れは日常茶飯事。

毎日いたるところでこのfarewell partyが行われています。

でもこのfarewell partyにどれだけの人が集まるかで、

トロントでどれだけたくさんの人脈を作ることができたかわかってしまいます。。。

人気バロメーターみたいなものですね。

私は今回でfarewell partyに参加したのは2回目ですが、

前回のMさんも今回のAさんもホントに人望の厚い人気者なので、

atusi4.jpg

たくさんの人たちが最後のお別れを言いに押し寄せ、パーティー会場はパニック状態。
atusi5.jpg


そして最後はお決まりの…
atusi3.jpg

顔面ケーキ。笑
atusi.jpg

ちなみにこの日はPotluckパーティーで、みんなそれぞれ食べ物を持ち寄ります。

atusi7.jpg
私が持っていったのは、一番手前の白玉団子。

これが思いのほか好評で、みんなガツガツ食べてくれて嬉しかった~。

Pride Parade~ゲイパレード!!~

バナー

ついに行ってきました!!

私がトロントで楽しみにしていたイベントのひとつ…

ゲイパレード!!!

ゲイ9

世界中のゲイと、トロント中のゲイを見たい人々が大集合して、ものすごい人・人・人!!


会場について、ます私たちを出迎えてくれたのは…

ゲイ10
全裸のおっさん。。。

でもこれで驚いてはいけません。

この日は街じゅう、

全裸!
ゲイ8

全裸!!
ゲイ6

半裸…
ゲイ

この日、この街から「羞恥心」という言葉は消えました。

最初はびびってた私も、帰る頃にはまじまじ全裸のおっさんの股間眺めるくらい余裕ができました。


ちなみにメインのパレードはというと、Bloor stを歩行者天国にし、全国のゲイや露出狂がデコレートした車の上で踊り狂うという、同じパレードでもディズニーランドの夢いっぱいなそれとは雲泥の差。

間違いなく子供に見せたくないパレードNo1でしょう。

ゲイ3
ゲイ4
ゲイ5
ゲイ2


しかし、なんでまたゲイってイケメンが多いんでしょう。。。

と思ったらイケメンたちはみんなサクラのモデルさんらしいです。


ちなみに、アジアにお男の子はゲイにもてるらしいです。

興味のあるかたは来年是非。。。笑

CANADA DAY

バナー

July 1thはCANADA DAYという、カナダのお祭りです。

この日はカナダの至る所で様々なイベントが催され、夜にはfireworkと呼ばれる花火が上がります。

私たちは、WEBサイトで調べたイベント情報の中で一番おもしろそうだったDownsview Parkへ行くことに。
canada6.jpg

ちょっとした遊園地や、動物園、その他にも無料で楽しめるフェイスペイントや、タダで配られるHotDogもあります。

canada4.jpg

しっかしどこも長蛇の列!!
canada5.jpg

ほとんどが家族連れで、小さい子供たちに混じって列に並ぶのもちょっと恥ずかしいので、1時間もしないうちに退散。

そしてfireworkまでしばらく時間があったので、映画に行くことに。

canada3.jpg

この日観たのは『WALL-E』というPIXARの映画。

これは私でも楽しめました!!なぜならほとんどセリフがないから。笑

でも映像だけでも充分満足できて、さすがPIXAR!という感じ。

お勧めです!!


さて、映画を満喫していたらちょうどいい時間に。

North York Centreの広場でもfare workが上がるらしいのでそちらへ行ってみることに。

canada2.jpg

ちょっとしたコンサートもやっていて、ここもやっぱりすごい人。

そこで待つこと約1時間半。


いよいよ花火が…!!


花火2

ん?

花火


……終了。


日本の花火みたいなの想像してたら大間違い。


待ち時間1時間半、花火5分。



関係ないけど警備に来てたPOLICEのバイクがカッコよかったです。
canada1.jpg

バナー

Beijing 2008 !!!!!

">バナー


8月8日、朝5時半・・・。

Kevinに叩き起こされ、向かった先は…、

映画

以前カンフーパンダを観にいったシアター。


こんな朝っぱらからここで何があるのかというと、

”Beijing 2008 Opening Ceremony”の生放送!!!!!

これは映画館のスクリーンを限定3000人に無料開放し、8月8日AM8時(北京とトロントの時差はちょうど12時間)から始まる北京オリンピックの開会式を鑑賞しましょう、というイベントなのです。

シアターに向かう途中でKevinの友達、ケヴィン(Kevinと同じ名前w)を迎えに行き、3人でシアターへ到着…が。

人! 人!!
bj.jpg

人!!!!!!!!!!
bj1.jpg

何もこんな早起きして行かなくても…なんてぶつぶつ言ってた私ですが、開会式1時間前に到着したにも関わらず小雨降る中この長蛇の列!!
列に並ぶ人の99.98%はチャイニーズでしたw

しかし平日の朝なのに、みんな仕事は?学校は??


寒さと眠気と闘いながら待つこと約30分。

やっとゲートが開きシアターの中へ。

たくさんあるシアターはどこも・・・
bj2.jpg
オリンピック!!

入り口では定員オーバーにより入れなかった人たちと警備に来てたPoliceが言い争いパニック状態!!
bj3.jpg

外の人と目が合った時の気まずさといったら…なんか申し訳ない。。。


さて、肝心のセレモニーはというと、さすが中国!!という感じの演出がたくさん!!!

巨大スクリーンで見るパフォーマンスはすごい迫力で見ごたえがありました。


そして観客の皆さん、

中国の国歌が流れれば立ち上がり合唱。

中国の国旗がスクリーンに映るたび拍手。

中国の選手入場のときにはFlag振りまわし大歓声。


みんな心の底から自分の国を愛しているんだというのがよく伝わってきました。


そうそう、ちなみにKevinの友達のケヴィン君は実はバトミントン選手。

5年前に18歳の若さでバトミントン世界大会で2度も優勝し、その後引退してカナダへ。

今回のオリンピックのバトミントン中国代表選手はみんな彼の友達で、それ以外の国の選手でも知ってる顔がちらほらと。

日本のオグシオとも顔見知りだそうで、実はケヴィン君、すごい人なんですw


さてさて、お昼過ぎにセレモニーは終わりましたが、まだまだ興奮冷めやらぬ皆さん、それからどこへ向かったかというと、

bj5.jpg
車にFlagを装着し、ダウンタウンまでみんな連なってドライブ。

もちろんKevinも車の両サイドにオリンピックとチャイナFlagを取り付け参加。

すれ違う人たちに写真撮られたり歓声受けたり…。
特にチャイナタウン辺りを通った時は、スターにでもなったような気分が味わえましたw

まさか私が日本人だとはみんな夢にも思わないでしょう…ww



しかし、ダウンタウンの最終目的地、中国領事館のあたりに着いたとき、あることが起こり、Flagのパレードはそこで解散することに。


原因はいま世界的に話題になっている「チベット問題」。


日本はありがたいことに平和な国なので、今まで民族間で争うことがどんなことなのか、想像したこともありませんでした。

しかし、実際に目の当たりにすると、いろいろと考えさせられますね…。


いろんな意味で貴重な体験ができた一日でした。

more...

サルサなフィリピンパーティー

最近やたらと料理に凝ってるルームメイト。

先日はサルサの生徒たち数人を集めて、得意のフィリピン料理でお食事会を開きました。


この間から少しの間うちにステイしているルームメイトのお友達パティちゃんと一緒に料理のお手伝い。
さるさ


さて、何を作ったかというと…。

さるさ1

手前左はカニの身とバターを一緒に蒸したシンプルな料理。

右の大きな鍋の中身は、サーモン、オクラ、インゲン豆、チンゲン菜と、なんとグアバフルーツを一緒に煮込んだスープです…。

それとオーブンではBBQ味のソーセージをグリルしてます。

お味の方はというと…。

カニはこのままだと味が足りないけど、少し醤油を垂らしてご飯に載せると絶品!!

食べるまで不安だったスープですが、少し酸味があり、言われなければグアバじゃなくてトマトスープか何かだと思うかも。

私のお気に入りはBBQ味のソーセージ!!しっかり甘辛い味が付いててビールによく合う!!!…はずですが、今日は生徒さん達みんなレッスン前だったので、アルコールはなし…泣。

健康オタクのルームメイトのお勧め、オーガニックのブルーベリージュースで乾杯です。


生徒さんたちはみんなとってもフレンドリー。カメラを向けるとしっかりポーズ決めてくれました。
さるさ2

ちなみに前回レッスンに参加させてもらったときは左のイケメンに手取り足取りサルサの基本を教えてもらいました。。。へへっ♪


この後、みんなでサルサのDVD鑑賞。いちばん右に座ってる人も出演してます。
腰の動きがかなりセクシー!!

サルサ、本格的に踊れるようになったら楽しそう!!!


バナー
カナダ留学スクール.com

Dampling Party!!

せっかくの日曜日。

双子のカナディアンPaul・Mark、Akiと何か楽しいことしよう!!

と、思い立ったのが餃子パーティー。


カナダで手作り餃子!?と思うかもしれませんが、チャイナタウンへ行けば材料はすべて揃います。

それも新鮮な上に激安!!


ニラ&ネギ:1ポンド(約450g)$1

豚ひき肉:2ポンド約$3

キャベツ:1ポンド$0.60


怪しげな冷凍餃子買うよりもよっぽど安上がり!!

さらにポン酢やゴマ油も$3前後で手に入ります。


さて、材料がそろったところでクッキング開始!!

…と、そこでこの双子ときたらよく動くこと動くこと。

カナディアン男子はみんなこうなのでしょうか?


例えばこっちが何か言う前に包丁からフライパン、お皿までささっと準備。

使いかけの野菜はキチンとラップして冷蔵庫へ。(ちなみに冷蔵庫の中も整理整頓ばっちり)

ネギやニラのかけらが床に落ちればクッキングペーパーでちゃちゃっとお掃除。

餃子だって自ら率先してラッピング。

と、まぁとにかくマメ。


思わず「ほんとマメだなあ…」と日本語でつぶやいたら「ママみたい」とからかわれたと勘違いして怒ってたw

そして完成した餃子がこちら。
餃子1

半分は焼き餃子に、もう半分はスープへ。そして余ったひき肉と野菜でチャーハンも作ってみました。
餃子2

うーん、こう並べると何か殺風景。。。でもビールも準備ばっちりです。
餃子3


餃子にビールに枝豆。

この組み合わせ最高。


そして美味しく頂いたあとは、デザートの登場。

Akiの力作。きれいでしょ?
餃子


ごちそうさまでした。



バナー
カナダ留学スクール.com

耐寒アート

時刻は夜の0時を回ろうとしているところ。

…にも関わらず、この人・人・人!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
art.jpg


一体何事かというと、今夜は「nuit blanche」というアートのイベントなのです。

ギャラリーが朝まで解放されて自由に出入りできるだけでなく、ダウンタウンの至る所でアートなパフォーマンスが催されています。

つまり、街中が美術館!!

こんな風に歩道の脇に展示されていたり…
art1.jpg

普通のギャラリーも一晩中オープン。
art5.jpg

こんな風に体張ることも時に芸術には必要なのです。笑
art4.jpg

私はどっちかっていうとこういう立体アートの方がわかりやすくて好き。
art7.jpg

これは全部毛糸で出来てるらしい。手前のはCNタワーかな?
art6.jpg

Paulが「これなら自分でも作れる」と言っていたCGアート。
art8.jpg


たまたま先週遊びに行ったクラブ”The Drake Hotel”も実はnuit bluncheに参加してたらしく、ペーパーとライトでデコレートされてました。
art9.jpg



しかしこのイベント、夜通しやるならばなぜ夏のうちにやってくれなかったんだろう…。

寒いよ、まじで!!!!!!!!!!


他のみんなは、さすがトロントの冬を何度も体験してるだけあって防寒準備は完璧。

革ジャケットやダウン、ブーツにマフラー。

そんな中、Gジャンにひらひらスカートなんて格好で来た私、完璧場違い。笑




さてさて、肝心のアートの感想はというと…正直さっぱりわかりません。


こうやって誰でも気軽にアートに触れる機会を作ってくれるのは大変ありがたいんだけど、それならば普段アートに関心がない人でも楽しめるような派手でわかりやすいパフォーマンスをもっと増やさないとみんな退屈しちゃうんじゃないかな。実際、道行く人々みんな口を揃えて「Disappoint」 「来年は絶対来ない」と。。。

もちろんアーティストの方々はみんな自分なりのポリシーやプライドを持って作品を作っているとは思うんだけど…。




私たちも、来年はポップコーン屋として来よう。と誓って解散。

だってポップコーンの屋台が一番人気だったから。

バナー
カナダ留学スクール.com

卒業シマシタ

ご存じのとおり日本では4月に入学、3月に卒業ですが、カナダやアメリカでは9月に入学、6月に卒業が一般的です。

しかし日本の大学と違うのは、人によっては取ってるコースや単位などで卒業時期が変わるということ。

Kevinも夏のコースを選択したので6月に卒業できず、この10月、晴れて卒業セレモニーに参加となりました。

日本が梅の咲くころなのに対して、紅葉真っ盛りのこの時期に卒業というのもカナダらしくていいんじゃないかな、と私は思います。

卒業

そして10月19日、Kevinの卒業式に参加してきました。


卒業2

セレモニーのために特別に設置された式場で、ひとりひとり名前を呼ばれて卒業証書を受け取ります。

家族や友達がたくさん来ている生徒は、名前が呼ばれた瞬間、客席から歓声が。

Kevinの参加者は私だけだったのでちょっと可哀そう。。。


まあとにかく無事に証書を受け取り、大学構内を最後の散歩。

卒業6

York大学グッズが買えるお店。最近どこに行っても目にするピンクリボンキャンペーンとのコラボ商品もあり、すっごく欲しかったのにCLOSEしていて買えず。。。
卒業4


さて、大学に別れを告げ、おなかが空いたのでどこかに食事に行こうとハイウェイで車を走らせていると…。



ドゥドドンッッ!!!!!!!!!!!!!!!!



なんと、左折してきた車と衝突。。。

幸い、お互いけがはありませんでしたが車のバンパーはボコボコ…。

卒業5


100%相手が悪いので保険ですべて直してもらえることになり、そのための調書を取るため警察を呼んだのですが、なかなか来ない。。。

結局1時間半待ってやっと到着。

でもレンタカーのお兄さんに言わせると今日はまだ早い方だと…。ホントこの国の警察のLazyさには呆れます。

保険やレンタカーの手続き、警察の調書などを済ませ、やっとゴハンにありつけたのは5時過ぎ。


いろんな意味で一生忘れられない日になりました~。

X'mas in Niagara & Buffalo

クリスマス。

ぎりぎりまでノープランだった私とKevinですが、Niagaraの近くに住む叔母のうちでのクリスマスにお呼ばれしたため、せっかくそっち方面に行くならと、12月23日から25日まで2泊3日でNiagara Fallsへ行くことに。

日本ならだいぶ前から予約しないとクリスマスのホテルなんて取れないのに、こっちではほとんどの人がクリスマスはどこにも出かけず家族と過ごすので、直前にも関わらず余裕で部屋が取れました。

しかも、初めに通された部屋では窓のすぐ隣が工事中で、「せっかくのクリスマスにこんな部屋はいやだ」とフロントに文句を言うと、たった$60アップで本来一晩$1000もする部屋にチェンジしてくれました。

まあ、よっぽど部屋が余っていたのでしょう。笑

くりす5
窓の内側はジェットバス。

さらに壁には暖炉も付いてて「クリスマスっぽい!!」と一人大興奮でしたが、残念ながらただの飾りなのか使えません。

部屋の窓からは見てるだけで寒くなる冬のナイアガラが。
くりす4
見た目だけじゃなく、実際はもっともっともっともっともっと寒い極寒ナイアガラ。

ここでやることなんて、ありません。笑

よって、車で約15分、お隣のアメリカ・Buffaloへ。

お目当ては「Niagara Prime Outlets」。

以前にここを訪れた人は口を揃えて「大したことない」と言っていたので、あまり期待はしていなかったのですが、何と言ってもこの時期セール真っ盛り。

何もかもがびっくり価格!!!!!笑
くりす
コート、折り畳み傘、ポーチ。このCOACH3点で、なんとUS$250以下。びっくり。でしょ?


二人とも夢中で安くて良いものを漁りまくり、買い物が終わった後は気力も体力もお金も使い果たし、ディナーはモール近くのファストフード。


色気もなんにもないクリスマスツアー1日目、終了。

バナー カナダ留学スクール.com 
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

X'mas inNiagara & Buffalo 2

2日目。

クリスマス・イヴのこの日は、朝から滝を眺めながらがっつりビュッフェ。
くりす13

朝食の後はまたまたバッファローへ。

というのもKevinが昨日のアウトレットの話を中国の両親に話すと、是非自分たちにも何か買ってきてくれ!!!と……ブランド大好きチャイニーズなので。

また国境を越え、アウトレットのCOACHへ行き、Kevinのお父さんとお母さんにバッグを買い、その後は車で2~30分のところにあるショッピングモールへ。

macy'sはNY行った時にもあったけど、庶民派モールといった感じでしょうか。
くりす11


そこらかしこにある国旗がアメリカってだけで、入ってるお店はイートン・センターと大して変わらず。
くりす12

あと、他にカナダとの違いを挙げるなら、やたら黒人さん(Kevin風にいえば「YO YO YOッポイ子タチ」)が多いことくらいでしょうか。


イヴのこの日はほとんどのお店が早閉め。ショッピングモールも5時には閉店です。

アウトレットの後に行ったせいか、SALE中でどれもお買い得になっているにも関わらず全てが高く感じ、閉店までいたけど結局何も買わず。

その後ナイアガラへと向かうはずが、狂ったGPS(カーナビ)に騙され全く逆方向に走らされるというハプニングもありつつ、なんとかホテルに到着。

イヴのディナーはホテルのレストランで。
くりす9

ホテルのプランの特典でこのレストランの$75分のクーポンがあったので、自腹で払う分は半額くらいで済みました。

「お得!!」と思ったけど、よく考えたらプランにその分の料金含まれてるんだよね、きっと。


その後はちょっとカジノへ。

2~3時間遊んで、最終的に$40負けくらいで退散。

「あ~、SALEでTシャツ2枚買えたなあ。。。」なんて惨めったらしいことぼやきつつ、2日目終了。

バナー カナダ留学スクール.com 
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

X'mas in Niagara & Buffalo 3

3日目の25日。
くりす8


クリスマス当日のこの日は、どこもかしこも閉店で、街中がゴーストタウンと化します。


そんな日でも頑張って営業を続けるのが、カジノ。

他に行くとこもないので、昨日の分を取り返すべくまたカジノへ。

外の閑散とした雰囲気とは違い、カジノ内は大混雑。

それも、やたらチャイニーズばっかり。

Kevin曰く、カナディアンのほとんどは家族と過ごすし、こんな日にカジノに来るのなんてクリスマスに予定のない寂しいチャイニーズだけ、だそうです。

あ~そう言われてみれば…な感じのチャイニーズ男子に混じってちょこちょこゲームを続け、なんとか昨日の分は取り返したので退散。

しかし、こんな日に、しかもナイアガラに来てまでチャイニーズに取り囲まれるとは。。。カナダなのにね。


その後はナイアガラから車で2~30分のところにある叔母のうちへ。

なんと叔母さん、クリスマスらしく、ターキーを焼いてくれました!!
くりす7
ターキーは作り始めてから食べれるまで場合によっては2日間もかかる、とても手間暇かかる料理。
日本で言ったらおせちみたいなもんでしょうか?年に一回しか作らない手間暇料理っていう点が…。

Kevinはこのターキーをめちゃめちゃ気に入り、会話にも参加せず、ひたすら無言でがっついてました。
あとで「ケヴィン、サイテー。ズーットTurkeyイッパイ食ベテタ。。。」と反省?してましたが。

食事の後は二人のイトコたちとゲームやかくれんぼして遊びました。
ロリコンKevinはかわいい子供たちに囲まれて大喜び。笑

日本語勉強中の5歳のヒロキと、「こんどいっしょにニホンゴ・スクールいこう!!」と約束までしてたKevin。

トロントへと帰る道中、「コノX'mas day、カナダニ来テ一番タノシカッタ…」としみじみ呟いてて、良かった良かった。


そんなこんなで3日目も終了。

初めての海外で過ごすクリスマス。

Kevin、叔母さんファミリーのおかげで、ほんとに充実した3日間となりました。
メリークリスマス!!


バナー カナダ留学スクール.com 
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

正月

あけましたね。

おめでとうございます。


海外で迎える初めてのお正月。

…ですが、こちらではクリスマス&26日のボクシングデーに全神経を集中させてしまうためか、その後にやってくるNew Yearはホントただの祝日って感じです。

大晦日も、日本ではもっと神聖な気分になるのに、まったく普段と変わりません。

しかし一応、友人宅に集まりパーティー、その後City Hallでカウントダウンという予定だったので、Kevinとともにダウンタウンへ。

約20人ほど(そのうち半数は初対面)が集まってたパーティーですが、特に何をするでもなく、夢中でニンテンドーDSする人、ひたすら飲み、食べ続ける人、パソコンする人、無言でただ座ってる人…。

「これは、一体、何のパーティーだろう…?」という疑問も頭をかすりましたが、それでもカウントダウン2、30分前にはみんな揃って地下鉄にて極寒の街へと繰り出します。
新年4

カウントダウン15分前に会場City Hall到着したときにはもうものすごい人で、一応メインのステージらしきものがありましたがそこは全く見えないような位置でカウントダウン。

3.2.1………
新年2

Happy New Year !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

やっぱり花火が上がるとテンションも上がりますね。


しかし盛り上がった空気が一段落すると、我先にと地下鉄へと向かう人の波。


私たちも一刻も早くその寒さから逃れるべく、カウントダウンが終わるとすぐにまた友人宅へ。

あ、なぜか地下鉄がFreeでした。
ものすごい数の人だから一人一人切符チェックするのが面倒なのでしょうか。


さて、友人宅へ着くと、新らしい年を迎えたばかりの新鮮な雰囲気とはほど遠く、またみんなそれぞれ思い思いの行動へと戻ります。


私とKevinはというと、もうひとカップルと共に、なぜか深夜のカムジャタン。


新年最初に食べたものは、年越しそばでもおせち料理でもなく、豚の骨スープでした。

さて、今年は一体どんな年になるのでしょう。


バナー カナダ留学スクール.com 
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

かちんこちん

トロントに戻ってきて5日が経ち、カナダ時間にも寒さにもだいぶ慣れてきました。

3月末まで学校も始まらないし仕事もないしで、きっとグダグダ得意の引きこもりになるかと思いきや、意外にも結構早寝早起きでちょこまか行動してます。

日曜は朝9時にスッキリ目覚めて朝食を済ませた後、私のトロント・ガイドであるひゅーひゅー!Yuko@Montreal→Torontoをチェックしていると、Bay駅の近くで「Ice Festival」なるものが開催されているのと情報が。


早速Kevinと行ってきました。


ピサの斜塔。ちゃんと斜めになってる!
resize0028.jpg


こっちも斜塔? いや、ただカメラマン・Kevinが下手なだけ。
resize0024.jpg


巨大な氷の船。乗ってみたかったけど$5払うっぽい雰囲気だったので止めたケチな私たち。
resize0039.jpg


氷の像を作ってる様子。電ノコを自在に操りガッリガリと大きな氷を削っていくたくましい女の人。
resize0019.jpg


そういえばこういう雪とか氷とかの像って生で初めて見たかも。

でもこんな綺麗な状態を数日間保てるのもこの極寒トロントだからこそ。

今年の大暖冬・名古屋だったら半日もしないうちにぐちょぐちょになりそう。


でもそんな名古屋でぬくぬく生活してたせいか、冬は寒い、特にトロントは死ぬほど寒いってことをすっかり忘れ、日本からダウンジャケットを持って来なかった大バカ者YK。


あのクリスマスにバッファローでGETしたCOACHのジャケットが手持ちの中で唯一の冬用コートって言うんだから、まったくトロントの冬をナメてますね。

だからこの日もせっかく北の町からはるばるダウンタウンまでやってきたっていうのにパパパッと写真だけ撮ったら即退散。

それ以上いたら命に関わります。あぶないあぶない。(大袈裟?)



仕方ないのでこれから外出するときはKevinが中国で買ってきたダウンジャケットを借りることにします。


ちょっとダサイけどね、まあ命には代えられません。 (やっぱり大袈裟。)



あ~、早く春来ないかな…。




バナー カナダ留学スクール.com 
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

クラブ活動 @CiRCA

私の苗字はちょっと珍しいので、今まで同姓同名の人に一度も会ったことがありません。

恐らく地球上には存在しないでしょう。


…と思っていたら、なんとここトロントでとあるパーティーにて、

「YKと同じ名前の子がいたから紹介する」と言われて出会ったその女性。


「Hi,Im YK」

「Whats!!?? Im YK, too!!!!!!!!!!!!!!」

お互いそれまで同姓同名の人に出会ったことがなく、ふたりで絶叫、テンション最高潮。

記念撮影までして、これは是非友達にならなければ!!と番号を交換しているとき、

私の名前が「YK ●●moto」なのに対し、実は、彼女は「YK ●moto」であることが判明…。
英語の時は気がつかなかった。


その瞬間、私たちを取り巻く空気は、すさまじい勢いでクールダウン。


当然その後、私の着信画面に「YK ●moto」と表示されることはありませんでした。



それから半年。

ひとりPS2で遊ぶKevinを横目に「今日のおかず何にしよう~」なんて考えてる頃、滅多にならない私の携帯に着信が。


「YK ●moto」!!!!!!!!!!!!



なんと、今夜UofTとYorkが主催のパーティーがあるので来ないかとのお誘い。

時間からして、他の子が捕まらず最後の手段で電話してきたことはなんとなく想像がつきます。笑


パーティー会場は、トロントで一番HOTと言われ、Lady GagaやNe-Yoなどの有名アーティスト、そしてブラピもお忍びで訪れた(って噂)のNight Club、CiRCA

行きたいけど、現在北の街「Markham」に滞在中の私は自力じゃとてもダウンタウンまで行けません。

今回は諦めよう…と思ったら、意外にもKevinが行きたいと言い出し、友達のTerryも誘って3人で行くことに。


Markhamから車で30分、半年ぶりの再開YK ●motoちゃんとそのお友達と合流し、早速中へ。

ダンスホールへと続く通路。
resize0734.jpg


ちょっとした美術館みたい。
resize0733.jpg


お酒は2階のバーでのみ販売。この日がイベントだったからかいつもそうなのかはわかりませんが、1階のダンスホールへは持って行けないようになっていました。
resize0723.jpg


なんとこの日はUofTとYorkのチャイニーズ・コリアン・ジャパニーズの交流パーティーだそうで、98%くらいがアジアン。

ご覧ください、このアジアっぷり。カナダにいるんだってことを綺麗に忘れさせてくれます。
resize0732.jpg

しかし、いつも思うのはなんでチャイニーズやコリアンの女子はみんな結構かわいくてオシャレなのに、男子はみんな同じようなダサいファッションで統一されているんだろう…。見分けがつかない。



結局この日はアジアンの微妙なノリにイマイチ馴染めず、1時半すぎにはもう退散。




「飲んだ後にはコレ」ってことで、定番のカムジャタン食べて帰宅。
かむじゃ


なんか不完全燃焼…なので、また近々CiRCA行ってきます。


次はKevin無しで。




バナー カナダ留学スクール.com 
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ホワイト・デイ

バレンタインはチョコレート、ホワイトデーはクッキーってことで、

最近ハマってるクッキー。(特にホワイトチョコ&マカダミアナッツが最高)

「Mrs. Fields」
resize0798.jpg


先日、Shoppersにいくとレジに並ぶ人のほとんどがこのクッキーの箱を持っていて(しかもみんな2箱3箱は当たり前)、どうしても気になって途中で列を抜けお菓子コーナーへ。

すると、普段$5.50くらいのこのクッキー、今ならなんと$1.99の大特価。


まぁお買い得だし買ってみるか、とひと箱だけ手に取り再びレジへ。


早速帰って一枚…するとこれがまあ美味しいこと!

普段あまり甘いものは食べないKevinも「オイシイ、オイシイ♪」と大絶賛。


…すると翌朝。 床にころっと転がったクッキーの空き箱。


夜中にお腹を空かせたKevin、見事に全て、完・食!  ……おいっっ!!!!!!!



食べ物の恨みは恐ろしいのです。
すぐにKevinをShoppersへと連れて行き、責任とってどーんとまとめ買いしてもらいました。



さてさて、カナダでも、そして中国でも、日本のように「ホワイトデー」という習慣はなく、普通バレンタインには女性も何かプレゼントを貰えることになってます。

しかしなぜか私たちは日本式。

バレンタインはKevinからは何もなく、代わりに3月に何かくれる約束でした。


だからってこのクッキー??

いえいえ、Kevinもやる時はやります。

resize0799.jpg

「ipod touch」☆

私、あまり音楽に興味がなく、ipodすら持ったことありません。


ただ単に、TTCやカフェ、至るとこで見かける「i touch」や「i phone」ユーザー、
なんかその薄っぺらい電卓みたいな機械をピコピコやってる姿がなんとなくカッコイイ…から、私も欲しい。

Kevinはそんな私の心中を見透かしてか、


「ホワイトデー何ホシイ??」    「i touch」

「エ…、カワイイBagは??」    「i touch」

「カッコイイJacketは…??」    「i touch」

「キレイなアクセサリーは??」   「…欲しいけど、高いよ?」

「…ウン、i touchネ。」


と最初は違うものを勧めてきましたが、最後は結局 i touchで合意。


さて、そんなこんなでGETした念願の i touchですが、もう3日目なのに使い方がさっぱりわかりません。

3~4時間かけてやっとの思いでダウンロードした動画4件は、違う曲をダウンロードしたら全て消えました。
なぜ?


Kevinに泣きついても、

「Kevin、最初カラ知ッテタ。YK、ゼッタイ上手ニ使エナイ。」

と冷めた目で見られるだけ。


そうです、そういえば私、機械音痴でした。


誰か、使い方教えて下さい。


バナー カナダ留学スクール.com 
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

St. Ptricks Day と、やっとみつけた赤レンガ

resize0822.jpg

キレイに晴れた日曜日。


こんな真っ青な空を見ていると、

「ああ、わたし、カナダにいるんだ…!」

と実感します。例えチャイニーズに囲まれていても。


今日は3月17日のアイリッシュのお祭り、「St. Ptricks Day」にちなんで、

真っ昼間からBloor→Yonge→Queenというダウンタウンのメインストリートを3つも閉鎖し、

パレードが行われます。


そこで、朝からKevinを叩き起こし、北からはるばるダウンタウンへ。

resize0812.jpg

お祭りというからにはゲイパレードの時のように食べ物やゲームなんかの出店がずらりと並んでるものかと思いきや、意外にもなんにもナシ。

このお祭りのために集まったたくさんの人々は、ただパレードを眺めるだけ…お祭り好きの私としてはちょっと物足りない…かも。


消防


しかしパレード自体はバスからPolice、救急車から消防車まで参加し、

「このパレードの間トロントの平和と安全は一体誰が守るんだ!?」

という若干の疑問はあれど、迫力のあるパレードでした。


そして何より一生懸命に踊ったり笑顔で観客に手を振る子供たちの可愛いこと!!
resize0813.jpg
子供


パレードを見学に来た子供たちもみんなかわいくコスプレ。こちらのお母さん、子供以上にキメキメ。
resize0816.jpg

そしてやっぱりここでもチャイニーズ。
resize0814.jpg

私の前で退屈そうに見学してたブロンドの小さい女の子は、この中国風のドラゴンの時だけ唯一テンションあがってました。しかしこうなるともう一体何のお祭りなんだか…笑
resize0815.jpg


さて、パレードを見送った後は、ずっと前から行きたかった「the Distillery Historic District」へリベンジ。
これまで2回ほど近くまでは行ったのですが、「赤レンガの建物」…というのはHPやいろんな方のブログを見て覚えてたんだけど、なぜかこの辺りは赤レンガの建物だらけで結局どれかわからず辿り付けないまま。


今回は、ひゅーひゅーブログのYukoさんに詳しく道を教えて頂き、さらにGoogleマップで場所も確認。


ここまで調べればもうばっちりだろう!!と思ったらまたしても30分ほど迷い(どんだけ方向音痴なんだか)、やっっっっ…と到着。

れんが


「横浜の赤レンガ倉庫みたい」とは聞いていたけどまさしくそんな感じ。
オシャレな雑貨屋さんやインテリア、ギャラリーなど、目の保養になりますね。

こちらいろんな方のブログで紹介されていたチョコレート屋さん「SOMA」。
resize0818.jpg

ホットチョコレート($5弱)を飲んだけど、甘すぎず、カカオの香りがしっかりしてて大人の味。
へーゼルナッツ入りのチョコレート(100g$5)もナッツがカリカリっと香ばしく絶品。

「神様の食べ物」も納得!?
resize0821.jpg


写真は撮り忘れましたが、ビールの工場もあり、試飲もできます。

試飲だけしてササッと出ようと思ったら(せこっ笑)、前で試飲してたおじさんが気前よく「チップだ~!」と$10置いて行ったのを見て気まずくなり、ビール数本購入+チップを払って出てきました。


その後、北の街Markhamに戻り、夜はFAKEジャパレス。

なんか長くなってしまったので、続きは次回~~。


バナー カナダ留学スクール.com 
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

メープル祭り!

resize0869.jpg

ニセモノみたいに綺麗な青空の日曜日。


絶好のお出かけ日和の今日は、今月のbitsの特集で取り上げられていた「Maple Syrup Festival」へ行ってきました。

トロント近郊では4か所で行われているらしいこのお祭り、その会場の一つ「Bruce’s Mill Conservation Aea」がうちから車で10分ほどのご近所なので、迷わずそこへ行くことに。

入場料は大人$8。
resize0868.jpg




ちいさなふれあい動物園みたいなのもありました。$1でエサも売ってます。
resize0878.jpg
みんなエサの入ったカップ目がけてぐんぐん迫って来るのでけっこー本気でびびる。笑


動物にゴハンをあげたあとは自分たちの番。朝から何にも食べてなかったので腹ごしらえ。

パンケーキ&ソーセージのコンボ($8.5)。
resize0882.jpg
パンケーキにじゅわぁ~としみ込んだメープルシロップが最高に美味しい。


その後は、ちびっこたちに混じってトレッキングに参加。

このおじさんが山歩きしながらメープルができるまでを順々に解説してくれます。
resize0884.jpg
始めはあんまり乗り気じゃなかったKevinも、このおじさんの面白いトークのおかげで結構楽しんでた。


途中ハリーポッターに出てきそうな怪しい風貌のおじさんも登場。子供達には人気でした。
resize0886.jpg

メープルを見つめていく様子。左のから順に隣の鍋へシロップを移していき、右が一番に詰まった鍋。
resize0888.jpg

そしてそのあとシロップの試飲も。なんか黒アメみたいな味で美味しかった。

40リットルの樹液で、たった1リットルしかシロップはできないらしい。ちょっと値段が高いのも納得。
resize0892.jpg


日本では「カナダといえばメープルでしょ!!」なんて思ってたけど、実際そんなにメープルを食べる機会なんてないし、ましてや作り方なんて未知の世界。

美味しいメープルを食べ、メープルの木に囲まれながらメープルのことを勉強し、なんか今日は珍しくカナダな一日でした。





バナー カナダ留学スクール.com
 
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
最近ランキングが急下降。。。HELPの1クリック、お願いします!

パーティー@うち

先週の話ですが、1週間ほどルームメイトがモントリオールに出張で留守にしてました。

「自分がいない間この部屋好きに使っていいからね~パーティーでもしたら~?」と去り際にルームメイトに言われ、「よし、じゃあやるか!」と急に思いついて開くことになったパーティー。

普段、人様のパーティーにお呼ばれしてばかりで、自分が主催でパーティーをするのは初。

メニューを考えたり、パーティーグッズを買い揃えたり(from ダララマ笑)、なんかわくわくします。


招待するお客さんは全部で13人。

みんなにはお酒を持ってきてもらい、私は全員分の料理を担当。
party
<メニュー>
松茸ごはん(松茸ごはんの素)
ちらし寿司(すし太郎)
パスタ(ルームメイトが作り置きしてたソース)
フルーツ(切って並べただけ)
野菜スティック(洗って並べただけ)
チーズ(切って並べただけ)
サラミ類(並べただけ)
サラダ(レタスちぎって上に豆腐とチキン乗っけただけ)
クリスピーチキン(クリスピーチキンの素)
マーボ豆腐(唯一まともに調理したメニュー)
ねぎま(串に刺して焼いただけ)


なんて手抜き&統一性のないメニュー…笑。

この後、イカのバターしょうゆ焼きと、友達がお土産に持ってきてくれた焼き鳥も追加されました。


さてさて、肝心のパーティーですが…。

「7~8時くらいに来て」なんてアバウトな時間を指定した私がいけなかったのでしょうか。


PM7時。コリアンの男の子ふたりが到着。とりあえず座って待っててもらう。

PM7時半。誰も来ず。みんなに電話すると、今からうちを出ると…。

PM8時。まだ誰も来ず。コリアン二人、一時間も待ってるのに文句も言わずに更に洗い物などの片づけを手伝ってくれる。なんて良い奴…!

PM8時30分。やっと日本人の女の子2人が到着。パーティー参加者13人中4人が揃う。

PM8時40分~9時。日本人、コリアン、カナディアン、チャイニーズと、続々と他のメンバーがそろい始める。

PM9時。やっと乾杯。

PM9時半。残り3人が到着。これでやっと、全員集合。

AM1時。解散。



…と、この適当さ、なんともカナダらしい(!?)

7~9時までの間は、どうなる事かと生きた心地がしませんでしたが、

なんとかみんな楽しんでくれてたようでよかったよかった。


とりあえず次回もしパーティーを開くことがあったら、コリアン2人以外には開始したい2時間前の時間を伝えることにします。笑




にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

卒業シマシタ。

今日で学校が終了。

私はPre-TESLコースを取ってたのですが、あくまで”Pre”なので、このコースを卒業したところで英語の先生になれる資格的なものは貰えず、それが欲しいのなら次のTESOL CANADAコースを受け、更にTOEFLのスコアも取らなければなりません。

ちなみにTESOL=Teachers of English to Speakers of Other Languages。

TESOL CANADAのコースにはカナディアンもたくさんいて、たまたま友達もそのコースを今受けているところなのですが、「今日は2時間しか寝てない…」「グラマーとか全く意味がわからない」と、ネイティブにとってもかなりのスパルタコースらしく…受けようかどうか考え中です。

というか、90%くらいで「受けない」方向です。

ええ、ダメ人間です。

そもそも、自分自身がロクに英語ができてないのに先生になるなんて迷惑なので、今のうちに辞めておきます。


でも、Pre-TESLコースはほんとに楽しかった。

何と言っても先生が最高。授業中に一度も寝なかったのは小学校低学年以来でしょうか。
クラスメートも同じこと言ってました。笑

真ん中が先生。日本で15年以上、英語の先生に英語を教えてた人で、ほんとに教え方が上手い!
えむあいしー2
実は日本にいたときに日本人の彼と6年以上付き合っていたらしく、彼女の左の薬指には彼の名前のタトゥーが…!その彼のことを話すときの表情がすごく切なげで、どれだけ彼のことが好きだったのか想像がつきます。


ちなみに学校名はこちら。もしTESOLの勉強をしようと考えてるなら、この学校お勧めです。
えむあいしー

って、別に学校の回し者じゃありませんよ。笑


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ぐったりカリバナ

すっかり更新が滞り、気づけばもう8月ですね。


さて、冬が一年の半分は冬のようなトロント、短い夏の間はこれでもかってくらい毎週各地でフェスティバルなどのイベントが行われています。

去年の夏に大きなイベントは制覇したつもりだったけど、なぜか見逃した大イベント、それがカリバナ・パレードでした。

1万人以上のダンサーやミュージシャンによって行われるパレードを見物しようと、毎年100万人以上の観客が押し寄せるという、かなり大規模なこのお祭り。


パレードはお昼の12時から6時までやっているというので、2時過ぎには会場に着けるようにうちを出ました、車で。その後どれだけ大変なことになるか考えもしないで。


まず会場近くまで高速で行ったところ、一番近くの出口はパレードのため封鎖。
仕方がないので次の出口で降り下道で引き返そうとするも、パレード会場方面への道は大渋滞。

ようやく近くまで辿り着き、よし、もっと湖の近くまで…と思ったらそこで通行止め。


元来た道へと引き返す道はまたまた大渋滞。しかも…
resize1309.jpg
こんなゴミ山の隣で。

この前日にやっと終わったゴミ回収のストライキ。

ストライキ中は各所にある広場にゴミが集められるのですが、真夏の炎天下に2か月溜め続けられたゴミからは文章では書き表せないほどの凄まじい臭いが放たれています。


車の窓を閉めていてもどこからか入ってくる恐るべき悪臭。

鼻から呼吸すると死にそうなので小さく口から呼吸していたら、Kevinが「口で息を吸うとあのゴミを食べている気分になる」と…おえっ。

この地獄道を約30分かけやっと抜け出し、窓を全開にして吸った空気の美味しかったこと。
例えそれが渋滞で排気ガスまみれでも。


そして車を停めようとパーキングスペースを探すも、辺りは同じく駐車場を探し求める車でまたしても大渋滞。


やっとその渋滞も抜けだし、駅がある方まで戻り、最終的にはそこからシャトルバスでパレードが通るLake Shoreへと向かいました。

ああ、始めからそうすればよかった。。。



ようやくLake Shoreに着いたときにはもう5時過ぎ。
ということは約3時間も会場付近を彷徨っていたことになりますね…。



一応パレードは6時までなのでまだ人は大勢いましたが、みんなもうパレードは見飽きたのかほとんどの人は芝生やその辺りに座り込みグダグダ。


そしてダンサーたちはダンスをせずにただ行進。
resize1312.jpg


私たちもここにたどり着くために気力も体力もほぼ使い果たしたうえ、辺りに漂うお疲れ的な雰囲気で更にグッタリ。



唯一良い思い出として残ったことは、これまた30分くらい列に並んでようやく買えたジャークチキンが美味しかったことと、有名なイベントを制覇したという達成感でしょうか。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ブログランキングに参加しています。最後に上のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

しあわせ結婚式

先週の土曜日は、待ちに待ったカリスマブロガーひゅうさんの結婚式でした。


しかし土曜日はどの天気予報でも大雨の予想。

どうなることかと前日の夜は天気予報を眺めながら心配していましたが、なんと当日は雨が降るどころか途中から青空まで覗きました!


さてさて、肝心のお式&パーティーはというと、もう”素敵”の一言です。
なんといっても、企画、制作、主演、なんと全てがひゅうさん自身の超こだわり結婚式なのですから!



まずは会場。
ひゅう5
モントリオールの旧市街にありそうな石造りの建物。


お式は緑が鮮やかなお庭で行われました。
ひゅ7
新郎さんの、ちょっと笑いを交えつつもすごく愛情のこもった誓いの言葉、そしてひゅうさんの幸せそうな顔、見ているこちらまですごく幸せな気持ちになります。


会場内はすべて白とティファニーのブルーカラーに統一されていて、上品だけど可愛らしい雰囲気。
DSC04908.jpg

さすが切り絵好きだというひゅうさん、ウェルカムボードやネームボードも切り絵で作られた特製です。
DSC04916.jpg

ひゅ2
こんな風にところどころにひゅうさんの手作りの作品が散りばめられています。

ちょこんとベールの上に乗っていた可愛いテイアラも、なんと自分で手作りしたそう。


お花の冠がすごくよく似合ってて、天使みたいに可愛い女の子。この冠も手作りかな?
ひゅ3




お式の後はパーティーです。
新郎さんのお父様のちょっと笑えるスピーチから、直前になって作ったというスライドショーまで、会場に充満した幸せ空気に浸りながら、美味しいお食事と共にすごく楽しめました。

食べるのに夢中で写真を撮り忘れてしまいましたが、コースのメインの銀だらは味噌を使って和風にアレンジされていてすごく美味しかったです。

楽しいパーティーはあっという間に終了。

帰る頃には今日のテーマカラーと同じ色した青空が広がっていました。
ひゅ


さてさて、散々食べて飲んで楽しませて貰ったのに、帰りにこんな素晴らしいお土産まで頂いてしまいました!!
ひゅ6
さすが、海外に住む日本人のツボを心得てます。

そうそう”まいこちゃんボンボン”の左斜め上に置かれた小さなバッグ、見えますか??

これもひゅうさんデザイン、手作りの小さなケリーバッグ。この中にはフラワーシャワー用の花びらが入っていました。可愛かったのでKevinの分と2つお持ち帰りしてきました。


初めての自分のお友達の結婚式、本当にすべてがひゅうさんらしく可愛くて素敵な結婚式で、参加できたことを嬉しく思います。招待してくださってありがとうございました!



お幸せに…!!





にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ブログランキングに参加しています。最後に上のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

女性必見!?秘密の夜あそび

昨日の昼ごろ、無事に名古屋へと到着しました。

雨だった昨日から一転、今日はトロントにも負けないくらいの青空が広がっています。

日本はまだまだ暑いです。さっきまでセミが鳴いていました。
トロントにはあまりセミがいないので、なんだか嬉しくなりました。




さて、トロントを出発する前夜のことですが、お友達Hちゃんのお誕生日会がありました。


私は昔から「追い詰められなきゃ行動できない」というダメな性格なので、旅行の準備は基本的にいつも前日にやってしまいます。

この日はまだスーツケースすら出していない状態でしたが、迷うことなく参加。


女の子3人、男の子3人の集まりで、主役のHちゃん、もうひとりのAちゃんは昼間一緒にセレクトショップで購入したばかりだという$300ドル以上するドレスでキメキメの中、私はForever21で購入した$30のワンピで参加。10分の1・・・笑


集合場所はJohnSt/AdelaideStにある広々したイタリアンレストラン。

それぞれオーダーしたカクテルで乾杯した後、カラマリの前菜、パスタ、ピザ、そしてサービスで出してくれたBdayデザートを平らげました。

雰囲気もサービスもよかったのですが、残念ながら店名がわからず・・・。

しかし、いいんです。今回のメインはここじゃないんです。


店を出たあと、B-DAYガールHちゃんのリクエストで、ある場所へと向かいました。

それがここ。
male.jpg
Yonge/Dandusを北へ向かって進んだYonge沿いの東サイドにあります。

看板は電気が付いておらず、窓もないので営業しているのか心配でしたが、おそるおそるドアを開けてみると・・・・・


いましたいました!!!!



裸で踊る、お兄さんたちが!!!!!!!!!!!!!




そうです、実はここ、Maleストリップバーなのです。笑



店内は1階と2階に分かれており、1階はなんと男性専用フロア。

さすがゲイの街トロント。

女性は2階にしか入れません。


軽く引き気味の男性陣を引き連れ、カバーチャージ$10を払って2階へ。



うーん、1階の方が盛り上がってたしステージも凝ってたような・・・まぁ仕方ありません。

とりあえずドリンクを頼み、ダンサーが出てくるのをわくわくしながら待ちました。




そしていよいよ、ダンサー登場!!!




・・・ここからは文章では書き表わせません。笑

気になる方はお店へどうぞ。



ステージの真正面のテーブルを陣取った40~50代くらいの上品そうなマダム2人は、
口は半開きになりながらもしっかり目を見開き、食い入るように眺めていらっしゃいました。笑


バチュラー・パーティー来ていたグループの主役は、ステージに上がり”スペシャル・サービス”を受けていたり。


結構カップルで来ているグループもいましたよ。





実はFemaleのストリップバーの方は、去年日本から遊びにきた友人2人プラスKevinの女3人男1人という不思議なメンバーで行ったことがあります。


みんな綺麗で女性から見ても楽しめたのですが、やっぱり女の子にはせっかくだからこっちを見せてあげたかったなぁ~。


ストリップバーというとぼったくられそうなイメージですが(違う?笑)、ここはカバーチャージ+ドリンクで$20以内から楽しめるので、女の子同士の飲み会の2次会におすすめです。



さて、店を後にしたのは空港に向かう5時間前。


うちに帰って慌てて荷造りを開始し、それから一睡もせずに無事に日本へと飛び立ちました。





にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ブログランキングに参加しています。最後に上のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

Birthday DinnerでSPLENDIDO

9日の早朝。

台風一過の晴天の中、重量制限ぎりぎりの大きなスーツケース2つと機内持ち込み用のスーツケースを引きずり、なんとか日本を飛び立ちました。

乗り継ぎのシカゴでまたしても飛行機が遅れたため、結局ドア to ドアでなんと27時間もかかってしまった・・疲。


久々のカナダの我が家は、男一人暮らしできっと荒れ果てているだろうという私の予想とは裏腹にKevinがすみずみまで掃除していてくれ、ぴっかぴか。たまにはやるじゃん、Kevin。


さて、翌日10月10日は私の誕生日。四捨五入をすると30歳です。

「アラサーおめでとう!!」という全く嬉しくもおめでたくもないメールをくれたみんな、ありがとう。


去年の誕生日プレゼントはキューバに連れて行ってもらったので、一応Kevinには半年以上も前から「今年の誕生日はセント・マーティンに行きたい!」とリクエストしていたのですが、日本に帰ったりでバタバタしているうちにそんな話はどこへやら・・。

数年前から自分の中で「誕生日は毎年旅行に行く!」と決めていたのですが、5年目で記録ストップとなりました。



じゃあせめて美味しいディナーを!!と前から行ってみたかったcanoeに電話したところ、なんと10日は土曜日なのにクローズだとか・・ありえない。


結局、ネットの口コミで評判が良く、当日でもなんとか予約が取れたSPLENDIDOに連れて行ってもらうことに。
DSC05427.jpg

店の前に着くと、ベントレーとポルシェがどーんと停まっていたり、他のお客さんたちはバーキンやら毛皮やら高そうなジュエリーやらでキラキラ着飾った方々ばかり。あれ、私たち場違い・・?笑

しかし、ウェイターさんたちは、Thank youに対して「ドイタシマシテ!!」と答えてくれたり、ひょうきんでフレンドリーだったのでちょっと安心。



こちら私の前菜”Arctic Char Smoked Crème Fraîche, Jean-Marc Mireille Citrus Vinaigrette”と、Kevinの前菜はシェフのスペシャルでホタテにワサビソースがかかったもの。
DSC05440.jpg   DSC05441.jpg

私の方はサーモンかと思ったら、Arctic Charというサーモンとマスの仲間みたいなお魚でした。美味しかったけどKevinのホタテにワサビソースのほうが好みかも。やっぱ日本人です。

私のメイン”Yorkshire Suckling Pig”と、Kevinのメイン”Beef Striploin Tagliata ”。Kevinは本当はElk(鹿)に挑戦してみたかったみたいだけど残念ながら売り切れ。
DSC05442.jpg    DSC05443.jpg
ここのお肉は全て契約牧場から取り寄せているみたいで、メニューに牧場名が書かれてます。


最後にデザート。3種類のフルーツのソルベ。どれも美味しかった。
DSC05451.jpg
誕生日だと伝えておいたので、一緒にお店からのバースデーカードも付いてきました。


このお店、すごく雰囲気も良いし、お料理も凝ってて良いんだけど、ちょっと気になったのが・・。

例えばまだグラスに半分以上ガスウォーターが入っているところにボトルに残った水を無理やり注いで空にして勝手に新しいボトルを持ってきたり(一本$10。そして結局2本目はほとんど飲まず。)、

私がグラスワインをオーダーしたら、まだ明らかにカクテルが半分以上残っているKevinの分のワインまで勝手に持ってきたり(一杯$18)、サービスなのかもしれないけど一言聞いて欲しいなあ、と。

まぁきっと他のリッチなお客様たちはそんなの気にしないのでしょうけれど・・。



さて、気を取り直し、うちに帰ってからシャンパンとSPLENDIDOのすぐ近くにあるDT bistroで購入したケーキでもう一度お祝い。
DSC05454.jpg
ちなみに誕生日プレゼントはTIFFANY&Co.のKeyネックレスを買ってもらいました。

ありがとうKevin!!!



にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ブログランキングに参加しています。最後に上のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

SO MUCH FUN!!!SCREEMER!!!!!!!!!!!

ちょっと昔に友達になったチャイニーズの女の子Tちゃん。

その子に突然、「一緒にSCREEMERにいこう!!」と誘われました。

これまで聞いたことがなかったけれど、どうやらCNEの後に出来た期間限定のお化け屋敷のようです。サイトを見ると、うーん、確かに怖そうだけど、面白そう!!

そこで、「ヤダ怖イ行キタクナイ!」と言うKevin、中国語勉強中でチャイニーズの女の子の友達が欲しいといってたSちゃんとその彼氏K、そして最近彼氏と別れたばかりのTちゃんのために、メンズ3人を誘い、さらに後から2人のメンズも合流してきたので計10人という大人数でいってきました。

これだけいれば怖くない!!

ウェブサイトからクーポンをプリントアウトして持っていくと$5ディスカウントになるというので、張り切って人数分プリントして持っていくと、なんとこの日は週末なので使えないとのこと・・。

なので、チケットはTAX込みでひとり$30。

お化け屋敷で$30は高いなぁ~。‥と、そのときは思ってました。




まず入り口から建物の中にはいると、そこらじゅうでモンスターに扮したスタッフに驚かされます。
(CNEの時はアートや小物、地方の名産品などが売られていた、大きな建物です)

モンスターたち、前後左右いたるところから迫ってくるので、気が抜けません。


お化け屋敷は全部で6つあり、ひとつに付き1回しか入れません。

6つのうち5つは室内にあり、それぞれ屋敷の前で並んで入ります。
DSC05569.jpg

ここのスタッフはみんな血まみれだったりゴーストだったりモンスターだったりします。
DSC05564.jpg

お化け屋敷の中もすごい凝ってて、至る所にモンスターやゴーストが潜んでいて、これでもか!!ってくらい驚かされます。富士急アイランドのお化け屋敷に似てるかも。

写真を撮ろうとしたら「この中では撮影禁止だ!」とモンスターに怒られてしまったので残念ながら写真はありません。


スクリームのマスクをかぶってきたT君、仲間に出会っちゃいました。
DSC05568.jpg


3Dのお化け屋敷もありました。みんなメガネを装着して潜入!
DSC05585.jpg


室内のお化け屋敷を3時間以上かけて(並ぶ時間も入れて)たっぷり楽しんだ後は外へ出てみました。


するとそこにはCNEにあったようなアトラクションやゲームが!!

お化け屋敷しかないと思っていたのでびっくり。


しかも、なんとなんと、全てフリーなのです!



ゴーカートなどの乗り物系は全部で6つ、
DSC05606.jpg

それ以外にこういったゲームもあります。
DSC05590.jpg

私たちのお気に入りはこのスピンしながら前後に激しく揺れるマシーン。3回も乗っちゃいました。
DSC05611.jpg

遊園地自体はそんなに規模も大きくないけれど、並び時間もあまりないし、ゴーストハウスのおまけと思えば十分過ぎるくらい楽しめました。


夜7時のOPENから1時のCLOSEまで、たっぷり遊べて大満足。これで$30なら全然安い!!



ちなみにこのイベントは今日までなので、興味がある方は急いでください!!


おまけ。みんなの怖い顔。

DSC05571.jpgDSC05572.jpgDSC05573.jpgDSC05576.jpg





DSC05575.jpg

HAPPY HALLOWEEN!!!





ランキングに参加しています。最後に下のバナーをクリックしていただけるとうれしいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

ティーン・エイジャーと行く!激安コスメショッピング

またまた2週間ぶりの更新になってしまいました・・。


今日は、トロントブログ”Zachyと龍ちゃん”を見て以来どうしても行きたかったLISA'S COSMETICS/FRAGRANCESのセールに行ってきました!!(素敵な情報ありがとうございました♪)

一緒に行ったのは最近仲良しのチャイニーズ・カナディアンTちゃん。

なんと彼女は来月でやっと19歳になるピチピチ(死語?)のティーンエイジャー。

歳は結構離れているけれど、考え方や行動もしっかりしているし、12歳からこっちにいるので英語が綺麗。当然私よりよっぽど難しい言葉や言い回しを知っているので、英語で会話していると自分の方がよっぽど子供っぽい気がしてきます^^;

そして、なんだか気が合うと思ったらなんと彼女も私と同じB型。


そのせいか持ち物や行動、考え方がやたらと被ります。

今日びっくりしたのは、Tちゃんが子供の頃に寝ている父親のスネ毛の一部をこっそり剃った上、足の爪に赤いマニキュアを塗ったというイタズラをしたらしいのですが、実は全く同じことをつい先日わたしもKevinにしました。あはは。笑


そんなTちゃんとセール会場に着いたのは午後2時ごろ。駐車は意外にすんなりいったけれど、入り口で人数制限をしていた為に寒い中外で並ぶことに・・。

30分ほど待って中に入るなり、さすがはB型ふたり、無言で自分の目当ての物目掛けてサーッと離れて行きました。笑

”Zachyと龍ちゃん”で見たとおり、本当に何もかも激安!!

かなりアドレナリン放出しまくりながらたっぷり1時間半ほど物色したあと、Tちゃんと合流しレジにいってお会計。

そして戦利品がこちら。
DSC05768.jpg
お目当てだったElizabeth Ardenのコスメを始め、ネイルグッズから顔用のスチーマーまで、たっぷり買い込んでお会計$112。金欠のくせに買いすぎ?でもディスカウントされた分で$233も得したらしいので良しとします。

Tちゃんは私以上に買い込んでいました。中でもお気に入りの香水が半額以下で買えたと大喜び。

ふたりとも大満足で会場を後にしました。


ちなみにこのセールは明日まで。興味がある人は是非行ってみてください。絶対損はしません!!



おまけ。
DSC05771.jpg

帰りに寄ったJタウンで買ったお刺身の切れ端。これ、Jタウン行く度に買ってます。

海の無いトロントではお刺身はなかなか高級食材ではありますが、これなら結構たっぷりはいっているのにたったの$3.8(しかもこの日は閉店間際に行ったから半額)。
いつもコチュジャン・醤油・みりん・ごま油・刻みネギ・ゴマと和えてヅケ丼にして、仕上げに韓国海苔を散らして食べます。

ささやかな楽しみです。笑


全然更新してなかったのにお陰様でまたしてもトップ25位に食いついてます。
クリックしてくれていた方、ありがとうございます!
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

パーティー三昧

もうすぐ2009年も終わりですね。
この1年、大した変化はなかったけれど、あっという間でした。
2009年へのカウントダウンがつい先週のことのように感じます。


さて、年末のこの時期といえば、日本でも忘年会ラッシュではないでしょうか。

私は10・11月にこれまで仲良くしていた友達が一気に帰国してしまい寂しくしていたのですが、さすがトロント、
別れもあればまた新しい出会いもあり、今週は新しい友達&昔からの友達を交えてのパーティーラッシュでした。



まずは水曜日。

平日にも関わらず15人もの人がうちに集まってくれました。

この日のゲストは私の日本語の生徒やKevinのチャイニーズ友達、中国に住んだことがあるコリアンの男の子と、中国色濃い顔ぶれ。

当然飲み方も中国式で、強いお酒をショットグラスで「カンパイ」します。
カンパイ=干杯。つまり「杯」に入ったお酒を「飲み干す」のがルール・・。

中国土産に貰った50度以上あるバイチュウというお酒から始まり、ゲストが持ってきてくれたバカルディ、私が日本から持ち帰った芋焼酎まで、「カンパイ」の音頭とともにガンガン飲み干されていきます・・。
DSC05817.jpg
あああ。私の芋焼酎・・・・もっと味わって飲みたかった。

これらが空っぽになると、今度はワイン。味・種類、なんでもいいんです。アルコールさえ入っていれば。

ワインも4本があっという間に空になりました。

ちなみにその前にビールも散々飲んでいます。
DSC05818.jpg
ほとんどの人が次の日に学校や仕事があり、中には朝6時起きで朝イチ会議なんて人もいたのにも関わらずこの飲みっぷり。

一体なんだったのでしょう、この体育会系のノリは。

しかし、おっとりお喋りしながら甘いカクテルやジュースを啜っている女の子グループを横目に、女一人ちゃっかりカンパイの輪に入ってた私って・・。


次の日、木曜日は二日酔いでうちにこもって大人しくしていました。笑



そして金曜日。

今度はうちでたこ焼きパーティーです。

新しく友達になったYちゃん、そして彼女の学校の友達と、計8人が集まってひたすらたこ焼きを焼き、食べ続けました。
DSC05797.jpg

このたこ焼き器は日本から苦労して持ち帰ったもの。
DSC05792.jpg
ちなみにドラッグストアのポイント貯めて貰いました。笑



土曜日は友達宅のクリスマスパーティーにお呼ばれ。

なんと男子8人に対し、女の子は20人以上。この日の男子はラッキーですね。

「ドリンク中心のパーティーだから」と言われていたのに、着いてみるとこの食べ物の山。
DSC05804.jpg


パーティーの定番、ツイスター。
DSC05812.jpg
男だけのツイスター・・なんとも色気がないものです。


この日は夜9時ごろに着いて、3時近くまでたっぷり居座ってしまいました。

新しい友達も出来たし、良いパーティーでした。



そして日曜日は身内だけうちに集まり少人数パーティー。

ビール数本を空けた後は、コンド内にあるボーリング場へ。
ちなみにKevinが断トツ最下位。笑

その後はビリヤード室へ移動し、適度に運動した後はやっぱりビールでしょう。


ってことで、今度はパブへ。

0時過ぎにも関わらず、チキンウィング、ビールをたっぷり胃へ収めました。



さて、毎日夜中までたっぷり食べてたっぷり飲んで、その結果は当然のように顔やお腹周りに現れています。

2009年もあとわずか。

少しでもすっきりして新年を迎えるために、明日からジムに通おうかな~と考えていますが、
さあ果たして実現するかどうか・・。





ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

今年もナイアガラでX'mas~23th~

ちょっと今更ですが、クリスマスのことを更新していきます。

今年のクリスマスも去年と同じく23日~25日まで、2泊3日でナイアガラに行ってきました。




まずは初日。

クリスマスはホリデーなので、ほとんどのお店やレストランはお休み。
きっと24・25日は観光地も閉まっているだろうと思い、23日のうちに観光しておくことにしました。

ナイアガラには良く来ているのに何気にワイナリーは数年前に父親と行ったっきり行ったことがなかったので、今回は有名ワイナリーPeller Estates Wineryへ行ってみることに。
2009 Dec 047

色んな方のブログでここのレストランは美味しいとの情報があったので、ランチはここにしよう!と楽しみにしていたのですが、着いたのがちょっと遅れてしまったためランチタイムが終わっていて、結局ワインだけ購入してワイナリーを後にしました。涙


仕方ないのでPeller Estatesに向かう途中たまたま通りかかったホテル内でランチを取ることに。

2009 Dec 052
私はパスタ、Kevinはサンドイッチ。味は普通ですがお店の内装は可愛かったです。


ランチの後はチェックインをするためナイアガラフォールズのホテルへと向かいます。

この周辺のホテルには宿泊やディナークーポンなどがセットになったパッケージプランがあり、去年はマリオットの2泊分の宿泊+朝食+$70分のホテル内のレストランで使えるディナークーポンがセットになったプランを利用しました。

それでお値段TAX込みで$370ほどだったのでお得~と思っていましたが、初めに通された部屋が低い階にあり全く滝が見えず、せっかくのクリスマスなんだから・・と結局追加料金$60を払って高層階の眺めの良い部屋に変えてもらいました。


そして今年はヒルトンを予約・・したつもりだったのですが、前日に詳しい場所をネットで調べていたときになって初めて実は”ヒルトン”ではなく”ヒルトン系列”のEmbassy Suites Niagaraというホテルだったことが発覚。2泊の宿泊+朝食+$40のディナークーポンでTAX込み$380ほどでした。

ちなみに本物のヒルトンはカジノの真正面にあり、これでカジノ行き放題~なんて思っていたKevinはがっかり。笑




さてさて、せっかくなのでここで去年のホテルと今年のホテルを比較してみたいと思います。

まずは客室。

こちらはマリオット。
くりす5
ベッド+ジャグジー+暖炉(使えなかったけど)が付いています。


こちらはEmbassy。

ベッドルーム、ジャグジーはほぼマリオットと同じです。
2009 Dec 057

しかし、こちらはなんともうひとつテレビやソファー、テーブルなどが置かれたリビングルームが付いています。
2009 Dec 054

ちょっとしたキッチンも。
2009 Dec 056
まあ、リビングルームは物置になり、キッチンは冷蔵庫だけしか使いませんでしたけど・・。

確かにEmbassyの方がお部屋は広いですが、マリオットの方が家具などの備品に高級感があったように思います。




そしてお部屋からの眺めです。

こちらマリオット。(部屋移動後)
くりす4

Embassy。
2009 Dec 071

マリオットのほうがEmbassyよりも滝の上流側に建っているので、眺めはEmbassyの勝ちですね。



最後にサービスですが、従業員はマリオットの方が丁寧で礼儀正しい印象でした。Embassyの方はもっとカジュアル。良く言えばフレンドリー?

でもEmbassyの方は時間限定でスナックバーがあり、ちょっとしたスナック、ジュースの他に、ひとり2杯ずつアルコールドリンクも貰えます。そしてスイミングプールも無料で入れるようです。

でもホリデーということもあってか、どこもかしこもチビッコだらけ。
スナックもキッズコーナーがあったし、プールも子供用があったので、きっとこのホテルは小さい子供のいるファミリー向きだと思います。むしろほとんどの宿泊客がファミリーだったような・・。

しかもキリスト教にあまり関係がないインド系、そしてチャイニーズ系の家族が多かった様に思います。


やはりナイアガラまで来てもチャイニーズに囲まれるのでした。




さてさて、チェックインを済ませた後は、私もKevinもボロボロの服に着替えます。

そんな格好でどこに行くかというと、今年もまたまたお隣のアメリカ・バッファローにあるアウトレットです。

アメリカで買い物をしてすぐカナダに戻ってくると、買ったものに対してたっぷり税金が掛けられてしまうので、みんな捨ててもいいような服やバッグを持っていき、向こうで買った服に着替えてカナダに戻ってくるのです。

アウトレットのゴミ箱には、買ったばかりの店の紙袋やタグ、ボロボロの服がたくさん捨てられています。



そして今回の戦利品がこちら。
2009 Dec 122
COACHはアウトレット価格でただでさえ安いのに、そこからさらに20~50%OFFされ、更に更に入り口で貰えるクーポンを使えば全体の合計から20%OFFになるんです!!これはスゴイ!!

私とKevinそれぞれひとつずつバッグを、さらに私は去年に続き今年もまたコートを買ってもらいました。
Kevinはうちの父親が気に入って長年愛用にしているベルトと同じものを自分用と中国にいるお父さん用に2本お買い上げ。

COACHだけじゃなく、日本ではあまりセールをしないバーバリーやケイト・スペードもかなり安くなってました。


でも私は結局COACHのみ、KevinもCOACHと、なぜかバナリパでジャケットとシャツを買って終わりました。






ていうか、これなら苦労してアメリカまで来なくてもカナダ側にあるアウトレットでもよかったような・・。




こんな感じで一日目終了です。




ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

今年もナイアガラでX'mas~24th~

2日目。


目を覚まして時計を見ると、なんとお昼過ぎ。

しまった。朝ごはん食べ損ねた・・・・・。


とりあえず空腹だったのでスナックバーへ。

Kevinは可愛くりんごジュースを啜っているのに対し、私はせっかくドリンクチケットがあるんだからと寝起きにもかかわらずアルコール(せこい?)。
イヴの日に最初に口にしたものはテキーラ・サンライズでした。



その後Kevinはやっぱりカジノへ向かい、そしてやっぱり負けて1時間ほどで部屋に戻ってきました。(私はどうせすぐ戻ってくるだろうと部屋で待機。笑)


しょんぼりするKevinと向かったのはナイアガラのきらびやかなストリート。
2009 Dec 079

一応ネオンは点いていますが、ファストフード店以外はほとんど閉まっています。


唯一動いていたアトラクションがこちら。
2009 Dec 084


せっかくだし乗ってみよう、と自分から言い出したくせに実は高所恐怖症のKevin。
私が写真を撮ろうと動く度に「ワァァァ!コワレル!ヤメテ!!」と大騒ぎ。
あとは膝に握りこぶしを置き、一点を見つめてじっとしてました。だったら最初から乗らなきゃいいのに。。。



その後はホテルに戻り、パッケージプランに付いていたディナークーポンを使ってステーキの定番レストラン(?)KEGでディナーです。

実は私KEG初体験。
2009 Dec 101 2009 Dec 102
海老好きの私はサーロインステーキと海老のコンボ。Kevinは欲張って大きいサイズのサーロインステーキディナーです。

同じお肉でも私は自分のミディアム・レアの方がKevinのミディアムよりジューシーで美味しく感じました。Kevinのはちょっとパサパサで硬かったような・・まあ好みでしょうけど。




その後は部屋に戻って持ってきたシャンパンで飲み直し。


イヴの夜にホテルでシャンパン。


といえば聞こえはロマンチックですが、



「カジノイキタイ!サッキノリベンジスル!!」

「どうせまた負けるからやめときな。」

「ヤダ!マケル、マケナイ、ワカラナイデショ!」

「いや、負けるって。」




この繰り返しで24日の夜は更けてゆきました。




ちなみにカジノは結局行ってません。




ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ

今年もナイアガラでX'mas~25th~X'mas Party@うち

さて、最終日のこの日は、なんとか朝食サーブ時間内に目を覚まし、ブレックファスト・バッフェへと向かいました。
場所は昨日のKEG。満席だったので入り口でちょっと待ち時間がありました。

カメラを忘れたため写真はありませんが、広いレストランなのにバッフェが1箇所のみで、結構並ぶし1回取りに行ったらもういいや、って感じでした。

メニューは至って普通のバッフェです。

ちなみに自分の担当以外のウェイトレスにコーヒーやジュースのお代わりを頼んでも、明らかに暇そうなのに無視、または「自分のウェイトレスに頼んで」と冷たく言われます。

クリスマスの朝っぱらから働いて面白くないのもわかるけど、もうちょっと愛想良くても・・。

食事に関しては去年のマリオットの方が断然良かったなあ。





部屋に戻ってパッキングを済ませ、ホテルをチェックアウト。


そして私はこれからが大忙し。

今日はうちにみんな集まってクリスマスパーティーなのです。


大忙し・・とは言っても、みんなそれぞれ食べ物か飲み物を持ってきてもらうことになってたので掃除くらいしかすることはないのですが(ってこれが一番大変)。


コリアンの子達はチヂミやマンドゥ(餃子?)、キンパなどを作ってきてくれ、私は手抜きでシュリンプ・カクテルにブリーチーズ&クラッカー、フルーツ盛り合わせ・・・全て切って乗せただけ。笑

コリアン・フードも美味しかったですが、今回一番の力作はこちら。
DSC06029.jpg
なんとティーン・エイジャーTiaちゃんがこんなお寿司セットを持ってきてくれました。
買ったのではなく、すべてTiaちゃんの手作りです!!

この子、若いのにデキル子なんです。



ケーキはみんなでスポンジから手作りしました。
DSC06025.jpg

しかし、なんとうちには測りがないので、材料は全てGUESS・・つまり目分量で。笑

「バター45グラム・・・ってこれくらい?」って感じです。

その割にはちゃんと膨らんだし上出来ですね、うん。

サンタとスノーマンのキャンドルに火をつけるとなかなかいい感じです。
DSC06033.jpg


みんなおなかいっぱいになって、お酒も入って良い感じになったころにカナディアンの子達が到着。

彼らは家族とのクリスマス・ディナーがあったので遅れての参加です。


これで参加者の合計は15人。なかなか賑やかなパーティーとなりました。


私自身も楽しみすぎて写真を撮るのをすっかり忘れたため、文字だけですいません。笑


さてお酒が尽きてきた頃、すぐ近くにあるパブがクリスマスなのに頑張って営業しているとのことなのでまだ飲み足りないメンバーはそちらに移動して2次会です。


そこでカナディアンLZが暴走、次から次にテキーラなどのショットをオーダーしていきます。

みんなで乾杯して一気飲み・・・まるでチャイニーズ。笑


酔っ払って討論始める子、泣き出す子もいて、なんかぐちゃぐちゃだけど楽しかったです。


ちなみにお会計は高給取りLZが「メリー・クリスマス!!ってことで」と払ってくれました。
確か$400近くいってたはず・・男前の上に太っ腹、素敵です。




そんな感じで今年のクリスマスも楽しく過ごせました。

なんとか今年中に今年の出来事をブログにUPできてよかったです。

さて、日本はもう明けましておめでとうですね。

こちらはこれからカウントダウンで、いまから友人宅のパーティーに行ってきます。



ではでは、良いお年&良いお正月を!!





ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
プロフィール

YK

Author:YK
そして2008年春からカナダ・トロントに住んでいます。
この街で体験したことを記録するための自己満的な日記です。笑

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。