スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

みんなでキャンプ☆そして寄り道 Jun 25

さてさて、みんなより1日早く帰る私たちにとってこの日は最終日。

やっぱりお昼頃ちびっこ2人に起こされ起床。


4時間以上のドライブに備え、キャンプ場でイトコ達と絵本を読んだりおとなしくまったり過ごしました。


15年ぶりくらい(?)にシロツメクサの冠の作ってみました。
resize1276.jpg
ジュリア、大きくなったでしょ?日本にいる家族はきっと驚いていることでしょう。



そうそう、やはり山奥のキャンプ場、蚊やブラック・フライなど、憎たらしい虫が山ほどいました。
やっぱり若々しい血の方が美味しいのか、子供たちは次から次に虫に襲われ可哀そうだった。。。

私も痒いより暑い方がマシ、と長袖長ズボンで過ごしたので体は大丈夫だったけれど、なんと唯一肌が出ていた顔を狙い打ちされ、まるでお岩さんのような無残な形相に。。。写真はありません。

叔父のダグちゃんもこの通り。
resize1283.jpg
本当、虫さえいなければキャンプはもっと何百倍も楽しくなるのに。。。


さて、午後3時を回ったころ、みんなにお別れとお礼を言って、私たち二人はキャンプ場を後にしました。

Kevinとすっかり仲良しになったイトコのヒロキはKevinが先に帰るのが気に入らなかったのか、
「I will never see you again !!! (もうおまえとは二度と会わない!)」と。笑


そんな憎まれ口を叩かれたKevinは、「ヒロキは本当に僕のことが好きだなあ~」と嬉しそうでしたが。



さて、その帰り道、ダグちゃんのお兄さんに教えてもらった、カナダのネイティブの方が経営する商店に寄りました。

昔々、ヨーロッパからの移民がカナダを築き上げ、それによって元々この土地にいた人々は地方へ追い出される形となりました。

いまでもカナダ国内にはいくつかそんなネイティブの人々が暮らす地域があり、そこはカナダとは税率や規則が少し違うので、その地域ではカナダでは高いタバコも少し安く買えるとのこと。

それはスモーカーのKevinにとっては嬉しい情報!

North Bayよりもう少し北側、HW17沿いにそのお店はありました。
resize1215.jpg
Kevinは$100ほどタバコをまとめ買い。その他に普通のコンビニのようなお菓子やドリンク、さらにFirework(花火)やネイティブの絵画、置物などのお土産ものも売られていて、それらは全てTAX FREE。

ここ以外にもこの地域にはいくつかこういったネイティブの商店があるらしく、帰りにそれらしきお店を何軒か見かけました。


さらに車を走らせたところで何か食べようかということになり、そこから一番近くの出口でハイウェイを下りたところにあった小さな町のKFCへ。

せっかくなのでちょっとこの町を探検してみようかと少し車を走らせると、こんな綺麗な光景が。
resize1218.jpg
湖沿いにパティオで食事できる気持ち良さそうなレストランがあり、KFCを食べてしまったことを激しく後悔。

この近くにはアルゴンキン・パークがある為か、ここも観光地のようになっていて、可愛らしいカフェやレストラン、おみやげを売るお店などが並ぶ小さなストリートがありました。

もう時間が遅かったので(こう見えても7時近く)ほとんどのお店が閉まっていましたが、まだ開いているチョコレート屋さんThe Nutty Chocolatierを発見。
resize1223.jpg

チョコレートやお菓子のほかに、ジェラートも売られていました。
resize1221.jpg
甘いものならお腹いっぱいでも食べれちゃう。


このお店、てっきりここだけのオリジナルかと思ったら、あとでウェブサイトを調べたところトロントにも店舗があるらしくがっかり。笑

ちなみに、このサイトのロケーション情報をみて初めてこの小さな町がHuntsvilleという名前だということを知りました。



そしてこの町を後にし、さらにもう少し進んだところでもうひとつ寄り道したところがあります。


それは…


なんとまたしてもカジノ(CASINO RAMA)です。


この前のモントリオール以来、すっかりギャンブル好きになってしまった私たち。。。

掛ける金額は知れてますが、これは良くない。。。


しかも今回は二人揃って負けてしまい、もうギャンブルは止めようと決意。多分。


まあどうせ日本みたいに街中至る所にギャンブル場(パチンコ・スロット・競馬…etc)があるわけではないのでそうそう行く機会も無いけど。



最後はちょっと後味悪かったけど、今回も叔父さん・叔母さん・いとこ達のおかげで、とっても良い思い出が出来ました。

あれだけキャンプを恐れていた(笑)Kevinも、「また行きたい」と言っていたくらい、ホントに楽しい3日間でした。


この場を借りてお礼を…ありがとうございました!!!

P.S:写真送るね。今度スカイプでゆっくり話しましょう。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ブログランキングに参加しています。最後に上のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

スポンサーサイト

SummerliciousでBiff’s Bistro

金曜日はKevinとダウンタウンへ行ってきました。

Markhamにいると買い物も食事もどうしても車で行けるモールやレストランにばかり行ってしまうので、ダウンタウンは久し振り。


ちょうど金曜日から加盟レストランのランチ&ディナーのプリフィクスコースがお値打ちに食べられるイベントSummerliciousが始まったので、せっかくなら行ってみよう!と、その中からメニューやロケーションを見て選んだBiff’s Bistroへ。

このお店、Distillery Districtにある有名チョコレート屋さんSOMAや、前回のWinterliciousで行ったBayview Villageの中に入ってるレストランOliver & Bonaciniとも系列みたい。それなら美味しいに決まってる!


しかし相変わらず馬鹿な私、またやらかしました。

うちを出る間際に慌てて地図をメモしてきたところは、なんと全く別のお店。
お店の電話番号をメモする…なんて気の利いたこと(いや、当たり前のこと)もしておらず。。。ばか。


結局、友達に頼んでアドレスと電話番号を調べてもらい、予約時間から30分以上遅れてようやく到着。


この色んな人に迷惑をかけまくる性格、どうにかならないでしょうか。。。
Kevinは「ダイジョウブ、Kevin、慣レタ」と今回は怒りもしなかった…申し訳ない。


さて、気を取り直し、やっとレストランに到着。
遅れまくった私たちでも笑顔で出迎えてくれました。。。


まずはカクテルで乾杯。私はフランボワーズとワインのカクテル、Kevinはマンゴーベースのカクテル。
歩き回ってくたくただったけど生き返った~!
DSC04664.jpg
恥ずかしくてこそこそっと撮ったために、今回はいつも以上にどれもイマイチな写真ばかり。。。

私のアペタイザー”Biff’s cured salmon with crème fraîche & summer radishes”
DSC04666.jpg
見た目どおりレアだけど、"cured"だからちょっと燻製にしてるのかな?
そのせいか初めに一口食べた時は臭みがある感じがしたけど、さっぱりラディッシュやクリームソースと一緒に食べると美味しい。

Kevinが食べていた”Vichyssoise with mint crème”も、なんか夏らしくてさっぱり美味しそうでした。


私のメインは”Basque style squid with chorizo & artichokes”。日本にいる時はフレンチでイカをメインにするなんて考えたことなかったけど、海のないトロントにいるとシーフードはなんでも高級品に感じる。笑
DSC04669.jpg
たっぷりダシの出たさっぱりめのスープの中に柔らかいイカがたっぷり。たまにちょっとクセのあるちいさなお肉の塊がころころっと入ってて面白い。


Kevinのメインは”Grilled pork loin with fennel & apple”。
DSC04670.jpg
テーブルがガタガタ揺れるくらい苦労してカットしてたからどれだけ硬いお肉なんだと思いきや、一口貰ったらちょうどいい焼き加減に歯ごたえ。ナイフが悪いのか、それともKevinのナイフさばきが悪いのか…笑。 このリンゴの甘いソースも私は好きです。


最後のデザート。私は”Warm chocolate torte with orange confit & vanilla curd”。
DSC04671.jpg
さすが、SOMAの系列だからか、このケーキは絶品!表面さっくり。濃厚なチョコレートにさっぱり甘酸っぱいオレンジピールは相性抜群。


以上でなんと、ひとり$15だからSummerliciousってすごい!!!ドリンクとTAX、チップ入れてもひとり$30くらい。

ちなみに後で知ったけど、パーキングもあるみたいです。わざわざ遠くのパーキングに$5くらい払って停めて馬鹿だった。。。ホント、これからはどこに行くにも下調べはきっちりしないと。



そうそう、お店のスタッフさんに日本の方もいました。チャイニーズかな~なんて思ってたら突然日本語で話しかけられてびっくりした。笑

そしてもう一人、どこかで見たことあるウェイターさんが。。。

なんと、つい先日リトルイタリーで行ったイタリアンレストランで私たちの担当してくれたウェイターさん。

彼、サーブするときに、なんとテーブルの角で股間をヒット!
すごく苦しんでたのが面白くて(気の毒で)覚えてたのです。笑

嫌な思い出として印象に残ったのか、あちらも私たちを覚えててくれたみたい。

前の店は、「Food was sucks! Service was sucks! and Owner was jeak !!」(笑)なので辞めて、最近こっちのレストランに移ったんだとか。やっぱりこの人面白い。笑


さて、そんな思わぬ再会を果たしてレストランを出た後は、ちょっとDistillery地区をうろうろしたり、City Hall前でやっていたジャズコンサートを覗いたり、イートンセンターでお買い物したり。

困ったこともあったけど、たっぷりダウンタウンを満喫した1日でした。


にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ブログランキングに参加しています。最後に上のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。



プロフィール

YK

Author:YK
そして2008年春からカナダ・トロントに住んでいます。
この街で体験したことを記録するための自己満的な日記です。笑

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。