スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けました 2010年

みなさん明けましておめでとうございます。

カナダで迎える2度目のお正月となりました。


New Year Eveはやっぱりいつものメンバーで集まってパーティーでした。

パーティーのあとはCity Hallでカウントダウンをしようと、そのつもりでダウンタウンに住んでいる子のアパートに集まったのですが、11時過ぎた頃からみんなグダグダ。

15人集まったうち2人以外はカナダ生まれ、もしくはカナダに長く住んでいる子達ばかりで、みんな一度はCity Hallでのカウントダウンを体験済み。

「寒いし、人多いし、どうせ毎年似たようなもんだし・・・めんどくさくない?」

との声が多数上がり、2人には悪いけど結局テレビでカウントダウン生中継を見ながらうちでカウントダウンとなってしまいました。


でもたくさん飲んだし、鍋も出来たし、なによりみんなで集まれたので楽しい年越しでした。




翌日1月1日。

こちらのお正月は日本のような厳かな雰囲気は無く、ただのホリデーという感じです。

この日はみんなうちに集まりましたが、前日に飲みすぎたためかテンションは低め。

結局ちょっと飲んで、食べて、カラオケへ。

その後は夜中の2時過ぎにもかかわらず、いつものowlでがっつりカムジャタンを食べて解散となりました。

かむじゃ

お節料理もお雑煮も無いけど、なかなか良いお正月でした。




そして昨日1月2日。

もう街中お正月ムードはほとんどなく(クリスマスムードは未だに残ってますが・・)、みんな普通の土曜日といった感じ。

この日は前から観たかった「AVATAR」を観にいってきました。
avatar.jpg

いつシアターに行ってもチケットが売り切れでずっと観れなかったのですが、この日はJ君が前もってチケットを買いに行ってくれました。(それでも20時に行って買えたのは23時15分からの最終回のみ・・すごい人気ですね)

さらにJ君、こちらの映画館は日本のように座席の予約ができないので、映画が始まる1時間前から席を確保するため並んでくれました。なんて良い人・・!!

しかし、てっきり私とKevinとJ君だけかと思いきや、映画館に着くとなんと9人も友人たちが大集合。こんな大人数で映画観たのって初めて。お風呂上りのスッピンで来てしまった私、顔を隠すため映画が始まる前からずっと3Dグラスを掛けてこそこそしてました。笑


肝心の映画ですが、まず何より映像が素晴らしい!これは絶対映画館で、しかもiMAX 3Dで観るべきです。

DVDや3D以外の映画館で観るとこの映画の良さが半減してしまうと思う。

一体どうやってこんな映像を創り出したのか・・・凄いです、ジェームス・キャメロン。


内容的にはディズニーとジブリをミックスした感じ?

アメリカンな映画なのでラストはきちんとハッピーエンドですが、途中で何度か泣きそうになる場面もあり、見応えありです。



そこのパソコンの前で暇してる人、いますぐ映画館に急いでください~。




最後になりましたが、相変わらずマイペースで自由奔放なYKですが、今年もどうぞよろしくお願いします。



ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
スポンサーサイト

B-DAY PARTY@豪邸

またまたすっかり間が開いてしまい、久しぶりの更新です。。。


昨日はお友達LZのうちにお呼ばれしての誕生日パーティーでした。

このLZ邸、遊びに行った人誰もが、「あそこは城だよ。」と口を揃えて言っていたので、一体どんな豪邸なのかと前日にしっかりデジカメのバッテリーをフルチャージしてわくわくしながら向かいました。


ブラックベリーのGSP片手に迷いながらもなんとか家の前に到着。


レンガ造りの立派な建物のドアを開けると、そこはまるで中世ヨーロッパ。


この光景、パリ観光で行ったベルサイユ宮殿で見たような・・。
DSC06107.jpg

アンティークのチェアーがずらりと並べられたリビング。庶民はここじゃ寛げません。
DSC06121.jpg

いまだにクリスマスツリー出てましたけど・・ツリーの左右に置かれた石造はご両親。
DSC06122.jpg
お父さん側に上のアンティークのリビングが、そしてお母さん側に革張りソファーのリビングスペースが広がっております。
リビングが2つもある意味がわかりません。


中世ヨーロッパなのにDJ設備もばっちりなんです。
DSC06111.jpg


後ほど大理石の玄関ホールがCLUBへとチェンジしました。
DSC06127.jpg
LZのお姉さんはピンヒール履いてノリノリで踊っていましたが、庶民は大理石が傷つきはしないかとびくびくして見てました。
ちなみにゲストは全員靴脱いでます。


こちら、主婦の憧れ(?)アイランド・キッチンでございます。
DSC06109.jpg


その隣にはこんなさわやかなダイニングスペースが。
DSC06137.jpg
いや、だから、リビングとダイニングが2つずつある意味がわかりません。




しかし、最も意味がわからないのは、これらの設備はほとんど使っていないということ・・・・・。




なんとなんと、下の階にもうひとつ広いリビングとダイニング、そしてキッチンがあるのです。
o
・・・もう庶民の理解を超えています。


こんな立派なバーもあります。
DSC06135.jpg
この家に来ればもうバーにもクラブにも行く必要ありません。


これ以外にサウナ室もありますが、今は物置になってました・・・なんて勿体無い。



ちなみにバックヤードにはテニスコートくらいの広さのBBQスペース、そして大きなスイミングプールがありました。



こうしてまるで観光客のように部屋の写真を撮りまくる私を、友人たちは「気持ちはわかる」と温かく見つめてくれていました。笑




さてさて、家の紹介ばかりになってしまいましたが、肝心のパーティーも良かったです。


まずご両親の温かい手料理。
DSC06129.jpg
これは始めの方に撮ったものですが、この後にも続々と美味しいお料理が下のキッチンから運ばれてきました。特にラザニアが絶品。白米はきっとアジア人ゲストの為に用意してくださったのでしょう。笑


しかし24歳になる息子の誕生日パーティーを開いてくれるご両親、素敵です。(私は10歳を超えてからは誕生日会なんてしてもらった記憶ありませんが・・)

朝まで大音量の音楽で大騒ぎだったのに文句も言わず。心の広いご両親です。


ちなみに気になるお父様のご職業ですが、20年前にヨーロッパからカナダに移民してきて、建築家として大成功。カナダのLawrence/Beyview辺りの高級住宅街に建っているお宅のいくつかはお父さんのデザインらしいです。それ以外にもなんと中国に招かれて政府のビルのデザインや、中国の大富豪の邸宅デザインまで手掛けたんだとか・・すごすぎます。




さて、1時過ぎに広ーい豪邸を後にし、自分の1ベッドルーム&1リビングルームへ戻ると、妙にほっとしました。

豪邸も羨ましいけど、やっぱり自分の部屋が一番落ち着きます。



ランキングに参加しています。最後に1クリックしていって頂けると嬉しいです。
にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
プロフィール

YK

Author:YK
そして2008年春からカナダ・トロントに住んでいます。
この街で体験したことを記録するための自己満的な日記です。笑

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。