スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

女性必見!?秘密の夜あそび

昨日の昼ごろ、無事に名古屋へと到着しました。

雨だった昨日から一転、今日はトロントにも負けないくらいの青空が広がっています。

日本はまだまだ暑いです。さっきまでセミが鳴いていました。
トロントにはあまりセミがいないので、なんだか嬉しくなりました。




さて、トロントを出発する前夜のことですが、お友達Hちゃんのお誕生日会がありました。


私は昔から「追い詰められなきゃ行動できない」というダメな性格なので、旅行の準備は基本的にいつも前日にやってしまいます。

この日はまだスーツケースすら出していない状態でしたが、迷うことなく参加。


女の子3人、男の子3人の集まりで、主役のHちゃん、もうひとりのAちゃんは昼間一緒にセレクトショップで購入したばかりだという$300ドル以上するドレスでキメキメの中、私はForever21で購入した$30のワンピで参加。10分の1・・・笑


集合場所はJohnSt/AdelaideStにある広々したイタリアンレストラン。

それぞれオーダーしたカクテルで乾杯した後、カラマリの前菜、パスタ、ピザ、そしてサービスで出してくれたBdayデザートを平らげました。

雰囲気もサービスもよかったのですが、残念ながら店名がわからず・・・。

しかし、いいんです。今回のメインはここじゃないんです。


店を出たあと、B-DAYガールHちゃんのリクエストで、ある場所へと向かいました。

それがここ。
male.jpg
Yonge/Dandusを北へ向かって進んだYonge沿いの東サイドにあります。

看板は電気が付いておらず、窓もないので営業しているのか心配でしたが、おそるおそるドアを開けてみると・・・・・


いましたいました!!!!



裸で踊る、お兄さんたちが!!!!!!!!!!!!!




そうです、実はここ、Maleストリップバーなのです。笑



店内は1階と2階に分かれており、1階はなんと男性専用フロア。

さすがゲイの街トロント。

女性は2階にしか入れません。


軽く引き気味の男性陣を引き連れ、カバーチャージ$10を払って2階へ。



うーん、1階の方が盛り上がってたしステージも凝ってたような・・・まぁ仕方ありません。

とりあえずドリンクを頼み、ダンサーが出てくるのをわくわくしながら待ちました。




そしていよいよ、ダンサー登場!!!




・・・ここからは文章では書き表わせません。笑

気になる方はお店へどうぞ。



ステージの真正面のテーブルを陣取った40~50代くらいの上品そうなマダム2人は、
口は半開きになりながらもしっかり目を見開き、食い入るように眺めていらっしゃいました。笑


バチュラー・パーティー来ていたグループの主役は、ステージに上がり”スペシャル・サービス”を受けていたり。


結構カップルで来ているグループもいましたよ。





実はFemaleのストリップバーの方は、去年日本から遊びにきた友人2人プラスKevinの女3人男1人という不思議なメンバーで行ったことがあります。


みんな綺麗で女性から見ても楽しめたのですが、やっぱり女の子にはせっかくだからこっちを見せてあげたかったなぁ~。


ストリップバーというとぼったくられそうなイメージですが(違う?笑)、ここはカバーチャージ+ドリンクで$20以内から楽しめるので、女の子同士の飲み会の2次会におすすめです。



さて、店を後にしたのは空港に向かう5時間前。


うちに帰って慌てて荷造りを開始し、それから一睡もせずに無事に日本へと飛び立ちました。





にほんブログ村 海外生活ブログ カナダ情報へ
↑ブログランキングに参加しています。最後に上のバナーをクリックして頂けると嬉しいです。

スポンサーサイト

comment

Secret

面白い!

是非とも参考にさせていただきます!

No title

chikaさん

コメントありがとうございます~!
是非行ってみてください♪

そしてせっかくなので照れずに出来るだけステージから近いテーブルに座ってくださいね。

その方が色々面白いコトがあると思います。笑 
プロフィール

YK

Author:YK
そして2008年春からカナダ・トロントに住んでいます。
この街で体験したことを記録するための自己満的な日記です。笑

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
FC2カウンター
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。